カードローンの審査は在籍確認なしにすることが出来る?

カードローンを申し込む時に最も気になるのが在籍確認です。勤務先に電話をして「本当にそこで働いているかどうか」を確認するのが在籍確認ですが、これを省くことが出来るのでしょうか。

また、勤務先への電話はどのようなことを言われてしまうのか、カードローンを申し込んだと言うことがばれてしまうのか、など、カードローンの在籍確認に関する様々な疑問を解説しています。

申し込む前に、きちんとした知識をつけて申込みを行いましょう。

在籍確認がないのはヤミ金ぐらい

コールセンターの女性

在籍確認は必ずあります

在籍確認は、カードローンの会社が審査の際に勤務先に電話をかけて、実際にその勤務先で申込者が働いているかどうかをチェックするという審査過程の一つです。

ただし、在籍確認というのは「職場で実際に働いているかどうかをチェックする事」であり、「勤務先に電話をかける事」だけが在籍確認では有りません。

よくインターネット上の間違った情報サイトで「在籍確認なしのカードローン紹介」などの記事を見ますが、在籍確認はどのようなカードローンでも必ずあります

在籍確認がないカードローンというのは財務局や自治体に届け出をしていないようなヤミ金(闇金融)だけで、届け出を行っている貸金業者では間違いなく在籍確認があるのです。

ただ、一部の金融機関(特に消費者金融)では、電話で勤務先に確認するという在籍確認ではなく、社会保険証、給与明細書、社員証を提出することで在籍確認としてくれる所も存在します(後述)。銀行の場合や、借入金額が高額な場合などは、ほぼ確実に勤務先に電話があると考えて良いでしょう。

在籍確認で勤務先にばれる心配はある?

内緒話をするOL

勤務先にバレて広まるという事はほとんどありません

勤務先への電話が嫌な方が多いのは、勤務先の人と金融機関担当者が直接話す機会があるため、同僚や上司、事務員に「カードローンで借金をするほど困っている」ということがばれる可能性が有るためです。

これを避けたいが為に、在籍確認のないカードローンを探そうとする人が多いのですが、在籍確認はある方向で考えておいた方が精神的にも楽です(クレジットカード、マイカーローン、学資ローン、マイホームローンなどの在籍確認だ、と説明しておけば勤務先の人にも納得してもらえます)。

ただ、ほとんどの方が心配している「勤務先に借金がばれる」ということはほとんどありません。こちらをご覧ください。

債務者の借入れに関する事実その他債務者等の私生活に関する事実を債務者等以外の者に明らかにすること。

こちらは、貸金業法第二十一条の五に記載されている規制すべき内容が書かれている部分です。つまり借り入れに関する事を契約者以外の人に漏らしてはいけないという事が法律で定められているのです。

つまり、金融機関は、申込者が借金やカードローンを契約しようとしていることが周りにばれないように在籍確認を行う必要があるのです。

在籍確認はいつあるのか

勤務先に電話による在籍確認があるのは、審査の最終段階です。金融機関側も在籍確認は申込者にストレスを与え、勤務先にばれるリスクがあるというのは知っているため、在籍確認はほとんどの審査が終わる最終段階までしないようにしています。

つまり、在籍確認があれば、審査が良好に進んでいる証であり、その後はほとんどの場合、審査通過出来ると考えて良いです。ただし、在籍確認があったのに審査に落ちるケースももちろんありますので、楽観は出来ません(在籍確認で審査に落ちるケースはこちらをご覧ください。)

勤務先に電話されないケースもある

給与明細書

電話の代わりに書類提出で住む場合もあります

在籍確認には電話以外にも、勤務先で働いていると分かる書類を見せることで在籍確認としてくれる金融機関もあります。その場合、会社名が入った社会保険証(社保)や、社印が押された給与明細書を提出します。

また、銀行のカードローンでその銀行の口座を持っている場合や、個人信用情報に全く問題が無い場合、借り入れる金額が少額で貸し倒れの心配が少ない場合などに、勤務先に電話されないケースがあるようです。

在籍確認の電話ではどのような事を言われるのか

在籍確認の電話ではそこまで難しいことを言われるわけではありません。あくまで申込者が、申し込みを行った会社で間違いなく働いているか(在籍しているか)を確認するだけなので、非常に簡単な内容の電話となります。以下の例をご覧ください。

申込者本人が出る場合

カードローン審査担当者
○○会社様の電話番号でよろしいでしょうか?私、佐藤と申しますが、高橋様はいらっしゃいますでしょうか?
企業電話担当
高橋ですね。少々お待ちくださいませ。
申込者
お電話変わりました。高橋です。
カードローン審査担当者
高橋様、お世話になります。私、カードローンのご契約担当の○○です。勤務先確認の為にお電話させていただきました。この電話を持って在籍確認完了とさせていただきます。お出いただきありがとうございました。

本人が電話口に出ればそれで在籍確認完了なので、特に難しい話はありません。ただ、金融機関によっては、本人が出た場合は、住所、電話番号、生年月日、カードローン申し込み意思確認などの本人確認を行う場合もあります。

個人名で電話をかけてきた相手に個人情報を話すというのは周りから見ると非常に怪しい感じなので、出来れば電話を替わった時点で周りに声が漏れないようにしましょう。もしくは、あらかじめ「周りに感づかれる可能性があるため、在籍確認時は何も話さないでほしい」と相談しておくと良いでしょう。

本人がいない場合

カードローン審査担当者
○○会社様の電話番号でよろしいでしょうか?私、佐藤と申しますが、高橋様はいらっしゃいますでしょうか?
企業電話担当
申し訳ございません。あいにく、高橋は現在席を外しております。戻り次第、申し伝えますので、ご用件をお伺い出来ますでしょうか?
カードローン審査担当者
それでは再度改めさせていただきます。ありがとうございました。

本人がいない場合でも、在籍確認が目的なので「ただいま外出している」「席を外している」など、在籍しているが電話には出れないというような言葉を電話口の人から聞ければ、それで在籍確認完了となります。

本人以外には何も話すことはないので、本人不在時の在籍確認の方がトラブルは少ないと考えて良いでしょう(本人が出ると生年月日等を言わされる可能性があるため)。あえて、本人がいない時間帯を指定するのも良いです。

曖昧な場合は在籍確認出来ない場合もある

「○○さんはいらっしゃいますか」と聞いて「今はいません」と返答された場合、「すでに仕事を辞めている」のか、「今、席を外しているだけ」なのか分かりません。その場合は「次、ご出勤されるのはいつでしょうか」と切り返します。「次の出勤日は月曜日です」などと返答されれば在籍確認完了です。

このようにうまく切り返して、在籍していることを聞き出せれば問題ないのですが、聞き出せず在籍確認が出来ない場合もあり得るので、電話担当の方がきちんと社員の在籍状況を把握しているのか、本人不在の場合はどのような対応をとるのかをあらかじめ把握しておき、カードローン会社に相談すればより確実でしょう。

どんなに質問されてもばれる事はない

在籍確認で、万が一、担当者が非常にしつこく質問をしたとしても、本人以外に言えることは何もないので、なんとか穏便に電話を切るように頑張ってくれます。しつこく聞かれて答えてしまう、ということはあり得ないので安心してください。

カードローン審査担当者
○○会社様の電話番号でよろしいでしょうか?私、佐藤と申しますが、高橋様はいらっしゃいますでしょうか?
企業電話担当
申し訳ございません。あいにく、高橋は現在席を外しております。戻り次第、申し伝えますので、ご用件をお願いいたします。
カードローン審査担当者
それでは再度改めさせていただきます。
企業電話担当
ご用件をおっしゃっていただかないと困ります。私用で電話していることが問題なので。
カードローン審査担当者
個人的な事なので、すいません。携帯の方にかけるようにします。ご迷惑をおかけしました。ガチャ

あまりにしつこい場合は、多少強引にでも電話を切るように対応してくれます。個人名しか名乗っていないので、後からカードローン会社とばれる事はありませんし、ちょっと変な友人がいるぐらいに思われてしまうかもしれませんが、電話を取った人がカードローン経験者(キャッシング経験者)で意地悪な人でない限り、ここまでの事はありません。

電話を取った会社の方がどのような対応をするにしろ、カードローン会社の担当者から用件を話すことは絶対にありませんので、安心して申し込みましょう。

在籍確認で審査落ちする受け答え

カードローン審査担当者
○○会社様の電話番号でよろしいでしょうか?私、佐藤と申しますが、高橋様はいらっしゃいますでしょうか?
企業電話担当
高橋というものは弊社にはおりません。
企業電話担当
高橋は今現在休職中です。
企業電話担当
先月末で退職しております。
企業電話担当
個人情報の観点から、お答え出来ません。
企業電話担当
少し前から連絡が取れなくなっております。
自動音声
この電話は現在使われておりません。
自動音声
この電話はお客様の都合によりおつなぎ出来ません。
自動音声
ツーツーツー(ずっと電話中)

個人情報の観点から在籍しているかどうかすら分からない場合は、審査落ちしてしまうか、他の確認方法を提案される場合があります。そのような勤務先の場合は、電話担当者に「クレジットカード会社から個人名で在籍確認があるはずなので、取り次いでもらえるか」などと相談しておくと良いでしょう。

電話以外の在籍確認が出来ないカードローンの場合は、審査落ち(否決)になってしまいますし、書類提出も非常に面倒なので、電話で確認出来るのが最も簡単で、手間が少ないです。

その他、在籍していない、休職しているなど、働いている事が確認出来ない場合は、問答無用で審査落ちとなりますし、電話が使われていない、未納でつながらない、電話中で何度電話してもつながらない、違うところにつながる、などももちろん審査落ちとなりますので注意しましょう。

在籍確認時の担当者はどのように名乗るのか

女性オペレーター

基本的には個人名で、銀行の場合は銀行名を名乗ります

消費者金融の在籍確認担当者が電話をする時は、個人名で電話をかけてきます。アコムの人がアコムと名乗る事はありませんし、プロミスの人がプロミスと名乗る事もありません。

ただ、銀行のカードローンの場合は、基本的に銀行名を名乗ります。三井住友銀行のカードローンであれば「三井住友銀行の鈴木です」というような感じです。銀行は、カードローンだけでなく、様々なローン、銀行口座、クレジットカードなど、問い合わせをしてくるケースがいくつもありますので、カードローンを申し込もうとしているということはまずばれません。

銀行名では会社の人に感づかれるかもしれない、というような場合は、個人名を名乗ってもらう事も出来ますので、あらかじめ希望を伝えておきましょう。例えば、レイクに申し込む時は、レイクは新生銀行の商品名なので新生銀行の名前を名乗ります。新生銀行といえばカードローン、キャッシングと考えている人も多いため、レイクの時は個人名を名乗るようにお願いする方が良いでしょう。

かけ直されないような対策もばっちり!

かけ直されないように発信者番号も通知しない非通知設定でかけてくれます。

非通知拒否をしている職場には、いつもは電源が入っていない携帯電話でかけ、かけ直されても問題ないように対策をとってくれていますので安心です。

希望があればあらかじめ伝えておく

勤務先の状況というのは様々有り、非常にデリケートな部分もあります。それ故、カードローン会社側もできる限りの要望には応えてくれます。電話をされては絶対に困る、など希望は出来るだけ伝えておくようにしましょう。

  • 男性、女性の指定は出来る
    異性から個人名で勤務先に電話がかかってきた場合、ストーカーや不倫相手などトラブルを抱えていると誤解される可能性もあります。そのような場合は同性からかけてもらうように伝えましょう。
  • 時間帯指定、曜日指定は出来る
    自分がいる時間帯で自分が電話がとることが出来るのであればその時間帯を指定するのが良いです。逆に本人がいないうちに済ませてほしい場合はいない時間帯を指定しましょう。ただし、指定出来る時間帯はカードローン会社が審査を行っている営業時間内に限ります。
  • 偽名や嘘の会社名は名乗ることが出来ない
    ○○病院のものです、○○保育園のものです、など偽の会社名を名乗らせることは出来ませんし、同じ名字を名乗ってもらって親戚っぽく思わせるなど偽名を名乗らせることも出来ません。用件など細かい事に関しては聞いてもらえる可能性もあります。
  • 申込時に記載した番号とは別の番号にかけることは出来ない
    あくまで勤務先の確認なので、「勤務先には誰もいないので携帯電話にかけてほしい」ということは出来ません。家族や友人がなりすます可能性もあるため、携帯電話にかけることも出来ません。
  • 派遣社員の場合は、派遣元に電話をしてもらう
    申し込み時に派遣先の電話番号を書いた場合は、在籍確認が出来ない場合があります(派遣先は派遣社員の状況を把握していない場合が多い為)。その場合は事情を話して、派遣元の方に電話をかけてもらうようにしましょう(勤務先情報も変更となります)。
どうしても電話をしてほしくない場合は?

在籍確認を電話でどうしても行ってほしくない場合は、その旨をカードローン会社に伝えてみましょう。

消費者金融などの融通を利かせてくれる金融機関の場合、書類など他の確認方法で在籍確認をしてくれる場合もあります。

書類で在籍確認をしてくれるような金融機関でも、信用情報に不安なところがある場合などは電話確認が必須となる場合がありますので指示に従うようにしましょう。

勤務先に借金がばれるまれなケース

バレる事はほとんど無いとはいえ、若干ですがばれる可能性はあります。それがどのようなケースなのかを知ることで、ばれないようにあらかじめ手を打つようにしましょう。

カードローン経験者が電話に出る

カードローン会社は気を遣って個人名で電話をかけてきてくれるのですが、職場に個人名で電話がかかる事なんてまれです。

カードローンやローンの在籍確認を全く知らない人であれば、「私用で職場にかけるなんてマナーの悪い友人がいるのだな」ぐらいにしかおもわれないかもしれませんが、カードローンやクレジットカードやローンの経験者であれば、在籍確認というのは容易に判明します。

ただ、これは防ぎようがありませんので、電話に出る人が決まっているのであれば、その人に「クレジットカードの審査のための在籍確認がある」と伝えておけばあとで不審に思われずに済みます。

本人確認時の受け答えを周りの人に聞かれる

本人が職場にいる時に電話がかかってきて、本人が電話に出たところ、本人確認の為に住所や生年月日を言わされる場合があります。

個人名で電話がかかってきたプライベートの相手に住所や生年月日をつたえるというのはかなり不自然です。プライベートではない何らかの用件である事はばれてしまうでしょう。

あまりに静かな職場や、電話の内容を周りに聞かれるような職場であれば、本人がいない時間帯に電話してもらうか、「周りに内容がつつぬけなので、本人確認はしないでください」と担当者に相談しておきましょう。

職場の電話が非通知拒否をしているため通知有りで電話をしてかけ直された

ばれないための一つの方法として、カードローン会社は非通知で会社に電話をかけます。しかし、企業によってはいたずら防止のため非通知拒否の設定をしている可能性があります。

その場合、在籍確認しなくてはならないカードローン会社は通知有りで電話をします。その電話番号にかけ直されたら「はい、○○です」とカードローン会社の名前を言ってしまう可能性があるという事なのです。

しかし、やはりばれないように気を遣ってくれているので、普段は電源が入っていない携帯電話でかけるため、かけ直しても基本はつながりません。万が一つながってしまったとしても、○○センターなどとコールセンターの名前を言ってごまかしてくれるでしょう。

ここからばれる可能性はかなりまれですが、会社が非通知拒否をしているとあらかじめ分かっているのであれば、かけ直されないように確実に誰かが電話に出る時間帯か自分が電話に出られる時間帯に電話をしてもらうように伝えましょう。

なぜ在籍確認をするのか

電話をする女性OL

在籍確認でばれる事はほぼないので安心しましょう

在籍確認は法律で定められているわけではなく、消費者金融も銀行も自主的に行っています。また、申込者は在籍確認を非常に気にしており、勤務先に電話をかけられるという事を危惧して申し込みを辞めるという事もあり得ます。

そこまでして金融機関側が在籍確認をするのは、きちんと働いていて収入があるということが唯一の担保だからです。カードローンは無担保、無保証人というお金を貸す側からすると非常にリスクが高い金融商品です。お金が返ってこなかった場合に回収することが出来ません。

借りる側からすれば、返さなかった場合は信用情報が傷つき、お金を借りられなくなるというリスクがありますが、お金を貸す側からすると、個人の信用情報を傷つけることになるだけでお金が返ってくるわけではありません。担保として車や家を差し押さえることも、保証人に代わりにお金を請求することも出来ないのです。

その分、カードローンは金利が高いのですが、それでも「きちんと働いていて収入があり、返済能力もある」という事が最も重要なのです。それ故、確実に確認出来る、電話による勤務先確認が良いのです。

書類審査には限界がある

仕事を辞めて無職の人が「年収300万円」と書いてあっても、それが去年までの年収であり、今は働いていないという事になると、貸したお金を回収することが出来ません。今現在しっかり会社に在籍していて、きちんと働いているかが重要なので、電話をするのです。

一部、消費者金融は給与明細書などの書類で審査を行ってくれる場合もありますが、電話による勤務先確認が一番確実なので、審査にも有利ということも認識しておきましょう。出来るだけ審査通過率を上げたい場合は、電話による勤務先確認を希望するようにしましょう。

在籍確認で審査に落ちるケース

在籍確認は審査の最終段階であり、ほとんど仕上げのようなものです。かといって在籍確認の電話があったら、100%審査通過という訳でもありません。

せっかく職場にばれるかもしれないリスクを負って在籍確認をするので、在籍確認で審査に落ちるケースというのはどのようなケースなのかを確認しておき、審査に落ちないように対策をたてましょう。

会社がどれだけ大きいか、というのはそこまで見ていない

高層ビル

大企業も中小企業も審査は同じです

全くの無名の会社よりも、一部上場の大企業に勤めている方が少しは有利ではありますが、そこまで点数は高くありません。カードローンの審査はあくまで総合点なので、それ以外の勤続年数(勤務年数)や、居住年数などの方がよく見られていると思っておいた方が良いでしょう。

そもそも、カードローンの審査部が各企業の成長具合を見て、本当にそこがこれから先も成長し続ける企業なのか、倒産などはしないのか、などはほとんど見ていないと考えて良いです。

通常の融資と違い、最短即日融資もあり得るほど非常にスピーディな審査で、貸す金額もそこまで大きいわけではないので、企業情報はほとんど見ていないと言っても良いでしょう。見ているとすると、有名企業と同名で住所も似たような企業に勤める人はカードローンに通過しやすい、という事になってしまいます。

あくまで見ているのは、勤続年数、年収、勤務形態(正社員か、アルバイトパートかなど)、他社の借り入れ状況など個人的な部分だと考えましょう。

個人信用情報をしっかりと見られる

信用情報機関

日本の信用情報機関は上記の三つ

親権者の一存で契約をキャンセル出来る未成年は即時審査否決となりますし、勤務先がない無職の人も在籍確認するまでもなく審査に落ちます(一部の銀行カードローンは専業主婦の申し込みを可能としている所もあります)。おそらく、個人信用情報機関に照会すらしないでしょう(信用情報についてはこちらの記事をご覧ください)。

成人しており、職があるのであれば、個人信用情報機関に情報開示請求を行います。

個人信用情報機関では今現在利用しているクレジットカード、カードローンに関する契約情報から、住所、勤務先などの個人情報まで様々な情報が保管されています。

これまでに延滞がないか、自己破産、任意整理などの債務整理行為は行っていないか、などを厳しくチェックされます。ただ、このあたりは申込者がどうこう出来るものではありません。

個人情報は最新のものを登録しよう

唯一、申込者側が変更出来るのは、住所、勤務先などの個人情報の部分です。住所、勤務先情報は今現在利用しているクレジットカードやカードローンの情報を元に登録されています。

申し込みで入力した情報と、個人信用情報機関に登録されている情報が違うと、審査の面で不利になる可能性があるので、クレジットカードやカードローンの情報は必ず最新の情報に変更しておきましょう。

在籍確認がないのはどのような場合?

在籍確認は絶対になくすことが出来ませんし、必ずあると考えておくべきですが、それでも職場への連絡がなく、「在籍確認はいつしたのだろう」という方もいます。それらの方にアンケートをとり、どのようなケースなら職場への電話確認がなかったのかというのをまとめました。

ただし、在籍確認の基準などはどの金融機関からも公開されておらず、推測に過ぎないので、参考程度に見ておきましょう。

  • 今現在の使っていないカードローン、キャッシング枠は解約している
    他の借入枠がない事で貸倒れリスクが減ったと判断された可能性があります。
  • 今使っているカードローン、キャッシングに届け出ている住所、勤務先情報は最新のものだ
    最新のものでしかも長期間変更がない場合は信頼された可能性があります。
  • 限度額が50万円未満の少額である
    10万円など、申込額が少額な契約ほど、電話確認がないケースが多いようです。
  • 銀行カードローンでその銀行の口座を持っている
    給与の振り込み用や、長く銀行口座を利用している場合は、電話確認がない場合もあるようです。
  • どうしても勤務先への電話連絡は困ると相談した
    一部の消費者金融は電話連絡以外の方法で在籍確認としてくれる所もあります(次項を参照)

在籍確認なしで借りられるカードローンはある?

在籍確認は必ずあります。これは間違いありません。在籍確認がないカードローンは前述の通り、届け出を行っていないヤミ金(闇金融)ぐらいです。

ただし、在籍確認を「勤務先に電話」する事で確認するカードローンもあれば、「在籍していると分かる書類」で済ませる事が出来るカードローンがあります。必ず勤務先に電話して在籍確認を行うのは主に銀行で、必要書類の提出だけで済ませられるのは消費者金融に多いです。

ここでは大手の消費者金融が在籍確認に関してどのような対応を行っているカードローンをまとめています。

プロミス

プロミスはインターネット申し込みを行った後に、コールセンターに電話をかけて、「電話による勤務先への確認連絡」に関して相談してみましょう。

プロミスの申し込みはこちら

SMBCモビット


三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかを持っている事が条件となりますが、SMBCモビットのWEB完結申込は、電話なし、郵送物無しの非常にばれにくい申込方法です。

カードレスで、振込による融資となるので、平日の9:00~14:50までに申し込めば最短で当日融資も可能です(申し込む時間帯によっては翌営業日になる場合もある)。

SMBCモビットの申し込みはこちら

カードローン在籍確認のまとめ

大手消費者金融会社の場合は、職場への電話による確認連絡は困ると相談することで、その他の確認方法をとってもらえる場合もあります。その場合、社印の入った給与明細書や、社名のはいった社会保険証などの写真を送ることで確認してもらいます。

その際は、写真ブレなどのないように丁寧に写真をとり送付しましょう。ブレやぼやけなどで確認してもらえないと、審査に時間がかかり、融資までの時間が長くなってしまいますので、注意しましょう。

また、書類による在籍確認はあくまでイレギュラー対応である場合がほとんど、電話確認の方が確実です。金融機関側に「電話確認が必要です」と言われた場合は素直に従いましょう(絶対に無理と駄々をこねても審査に落とされるだけです)。

電話による確認連絡をどうやってなくそう、と考えるよりも、電話はあるから、勤務先の電話担当者にクレジットカードと説明しておこうなどと考えておいた方が契約しやすいでしょう。