複数社のカードローンを一本化!そのメリットとデメリットとは?

「借り入れ件数が多すぎて、毎月の返済が負担になっている。」

そんな方におすすめなのが、複数社のカードローンの一本化です。

カードローンの一本化は、返済の精神的な負担の軽減とともに、実際に利息を節約することもできます。

しかし、予備知識をしっかりつけておかないと、一本化によって逆に借金を増やしてしまう危険性もあります。

ここでは、お得にカードローンを一本化するためのメリットやデメリットについて詳しく調べてみました。

■多重債務でお悩みならカードローンの一本化という選択も

すでに複数のカードローンから借り入れがあり、毎月返済がストレスになっているという方であれば、カードローンの一本化を検討してみるのがおすすめです。

カードローンを一本化することによって得られるメリットには、以下のようなものがあります。

1. 一本化で毎月の返済日を減らすことができる

複数のカードローンで借り入れをしているということは、その借り入れ件数だけ返済日が設定されています。

そのため、月々カードローンの返済日を管理すること自体が負担になってしまう人も少なくありません。

しかしカードローンを一本化すると、複数の返済日を1日にまとめることができます。

複数の返済日を1日にまとめることで返済の管理がしやすくなり、返済漏れを防ぐことにも繋がります。

2. 月々の返済負担額が軽減できる

複数のカードローン返済を一本化すると、月々の返済負担額の軽減にも繋がります。

たとえば3社で借り入れを行なっている人が、それぞれに毎月5000円ずつ返済をしている場合、月の返済のための支払額は5000円×3社で15000円です。

しかし、このカードローンを一本化した場合、カードローンによっては返済額が下がる可能性があります。

このように複数のカードローンに返済していた分を1つにまとめることで、月の返済額を減らすことができる可能性が高くなります。

3. 返済利息の総額を減らすことができる

現在借り入れしている複数のカードローンよりも金利の低いカードローンを利用することで返済利息の総額を減らすことも可能です。

借り入れしているそれぞれのカードローンの利息が高いと感じているのであれば、一本化はおすすめです。

■選び方に要注意!カードローン一本化のデメリットとは?

複数の借り入れを一本化するということは、一見メリットの多いことばかりのように見えます。

しかし一本化のしくみを知らないままに利用してしまうと、逆にデメリットばかりになってしまう危険性もあります。

ここでは、カードローンの一本化で起こる可能性のあるデメリットについても詳しく確認しておきましょう。

1. 選ぶカードローンを間違えると返済利息が増額する

カードローンの一本化を検討している方であれば、利用するカードローンの適用金利は最低限しっかりチェックすべきです。

適用される金利を確認せずにカードローンを一本化してしまうと、逆に利息が増えて借金が一本化する前より増えてしまう可能性があるためです。

複数借り入れのあるカードローンを一本化する場合には、現在より利息が低くなるものを選ぶように心がけましょう。

●実際に選ぶべきカードローンの金利を計算してみよう

しかし複数のカードローンを借りている人の場合、現在の適用金利がバラバラで、どのくらいの金利のカードローンで一本化すればいいのかわからないという方もいますよね。

そんな方は、現在借りているカードローンの平均適用金利以下のカードローンを一本化のために選ぶようにしましょう。

たとえば、A社(金利18%)・B社(金利14%)・C社(金利18%)という3社で現在借り入れしている人の場合、この3社の平均金利を以下のように求めます。

(18%+14%+18%)÷3社=16.6666….%

3社の平均金利がおよそ16.6%ですので、一本化するカードローンの適用金利が16.6%以下であれば、利息が現在よりも節約できる可能性が高くなります(もちろんどの会社でいくら借り入れているかによって違うので、あくまで目安です)。

2. 月々の返済負担額が減ると返済回数や総額が増える

金利とともに必ずチェックしたいのが、カードローンの月々の返済額です。

せっかく低金利のカードローンで一本化したとしても、月々の返済額が低い場合には、その分返済期間が長くなる可能性があります。

利息は日々増えていくものですので、返済が長期化すればその分だけ支払う利息が増えていきます。

カードローンの一本化を行う場合には、最終的に借金が増えてしまうことに注意し、金利の他に月の返済額がいくらになるのかも必ずチェックするようにしましょう。

●月々の返済額で返済回数と総額はこれだけ違う!

それでは実際に月々の返済額の違いで返済回数や返済総額がどれだけ変わってくるのかを確認してみましょう。

プロミスで30万円を金利17.8%で借り入れし、毎月7000円ずつ返済した場合と毎月14000円返済した場合には以下のように違いが生じます。

月々7000円の返済 月々14000円の返済
返済回数 69ヶ月 26ヶ月
利息総額 180,020円 63684円
返済総額 480,020円 363684円

このように、月々の返済額が低ければ低いほど、支払い回数は増えて支払う利息も高額になります。

3. 一本化のためのカードローン審査は厳しい

さらにカードローンの一本化を行うためには、通常のカードローン同様に申し込み後に審査が行われます。

しかしすでに複数のカードローンから借り入れがある状態での申し込みとなりますので、全く他社借り入れがない人に比べると厳しく審査される傾向があります。

カードローンも返済回収のリスクはなるべく軽減したいものですので、他社借り入れが多ければ多いほど「お金に困っている」と判断され、審査に通過しにくくなるものです。

また複数件の借り入れ金額をまとめた額が希望融資額になりますので、比較的高額融資を希望することにもなります。

借り入れ希望額が高額であればあるほど、審査も厳重に行われるのです。

おまとめローンなどカードローンの一本化を目的とした商品を利用するのであれば、他社借り入れがあるのも当たり前ですが、一般的なカードローンで一本化しようとしている人は、事前の対策が必要です。

一番おすすめの方法としては、カードローンの申し込みをする前に「一本化を希望している」という旨をコールセンターに電話して相談しておくことです。

事前に相談しておくことで、カードローンの審査でも事情を考慮してもらえる可能性がありますよ。

■カードローンのタイプによって違う一本化に対する対応

これから一本化するカードローンを決めようと思っている方の中には、「カードローンの種類が多すぎてどこで一本化すればいいかわからない。」という方もいるのではないでしょうか。

カードローンと一言でいっても、銀行カードローン、消費者金融カードローン、クレジットカード会社が取り扱うカードローンなど、さまざまなタイプがあります。

利用方法によっては一本化するカードローンに向き不向きがありますので、ここではカードローンのタイプと、一本化に向いているのかどうかに焦点を当てて、それぞれの特徴を見ていきましょう。

1. 信販系カードローンで一本化は可能?

信販系カードローンとは、クレジットカードを発行している信販会社の取り扱うカードローンのことです。

信販系カードローンは、貸金業法という法律に基づいて貸付業務を行なっていますが、この貸金業法の中に総量規制という決まりがあります。

総量規制とは、消費者金融や信販会社などが対象になっている、利用者への貸しすぎや借り過ぎを防止するための規制のことです。

この規制の対象となっている消費者金融などでは、利用者の年収の3分の1以上を貸し付けてはいけないという決まりがあります。

そのため信販会社のカードローンで一本化をしようとしても、借り入れできるのは最高でも年収の3分の1の金額までです。

総量規制の例外としておまとめ用の商品を用意しているカードローン会社もありますが、基本的には一本化は難しいと考えておきましょう。

 

信販系カードローンは、借り入れ希望額が高額になりがちなカードローンの一本化には不向きなカードローンといえるでしょう。

2. 銀行カードローンで一本化は可能?

最近まで「カードローンの一本化」といえば、銀行カードローンが主流でした。

これは、銀行カードローンが総量規制の対象外であるということが大きな理由です。

 

しかし、2017年4月に金融庁が銀行カードローンを問題視し始めたことがきっかけで、銀行カードローンに対する監視強化の動きが徐々に強まっています。

そのため、以前まで比較的高額融資に対応してくれた銀行カードローンでも、現在では融資額を低額におさえる動きが強くなっています。

現在は銀行カードローンの方針によってもバラつきがでていますが、以前ほどの高額融資は期待できない傾向があります。

銀行カードローンでの一本化を考えている方であれば、おまとめ専用のローンサービスがある銀行カードローンの利用をおすすめします。

●東京スター銀行 スターワンバンクローン(おまとめローン)

規制の厳しくなる銀行カードローンの中で、東京スター銀行にはおまとめ専用のスターワンバンクローンの取り扱いがあります。

金利は5.8%〜14.8%と銀行ならではの低金利となっており、最高極度額が1000万円と高額設定になっています。

来店不要でインターネットのみで手続きが完結するのも魅力的です。

ただし年収が200万円以上あることなど、通常のカードローンよりも申し込み条件が厳しめに設定されています。

銀行カードローンにこだわって一本化をしたいという方には、おすすめのカードローンです。

3. 消費者金融カードローンで一本化は可能?

消費者金融は信販会社のカードローン同様に貸金業法に基づいて貸し付け業務を行なっていますので、総量規制の対象となっている業者です。

そのため基本的には利用者の年収の3分の1までしか貸し付けることができませんが、大手消費者金融の中にはおまとめ専用のサービスを取り扱っているところもあります。

おまとめ専用のサービスを利用すれば、総量規制の対象とはならず年収の3分の1以上の借り入れも可能です。

ここでは、おまとめ専用ローンを取り扱う、大手消費者金融2つをご紹介します。

●プロミス おまとめローン

プロミスのおまとめローンは、適用金利6.3%〜17.8%となっており、銀行カードローンに比べて上限金利が高めの設定になっています。

しかし、最高利用極度額が300万円までで総量規制の対象外となっていますので、高額の借り入れ金額を一本化したい方にはおすすめのカードローンです。

融資額が100万円以上の高額融資になればなるほど、金利が低めに設定される傾向がありますので、複数社のカードローンで高い利息を払っている方であれば、検討してみるのもおすすめです。

●アイフル おまとめMAX

アイフルのおまとめ専用ローンであるおまとめMAXは適用金利が12.0%〜15.0%となっており、通常のアイフルのカードローンよりも上限金利が3%ほど低い設定になっています。

最高利用極度額は500万円となっており、こちらも総量規制の対象外ですので、年収の3分の1以上の高額融資が可能です。

銀行カードローンは審査基準が厳しいイメージがあって、審査に通過できる自信がないという方であれば、おすすめのカードローンです。

■カードローン一本化の審査に通過するためのポイント

一本化を目的としたカードローンは、通常のカードローン審査に比べて審査基準が厳しめになる傾向があります。

そこで、カードローン一本化の審査に通過するためのポイントをまとめてみました。

1. 安定した収入があることが大前提

おまとめの目的でカードローンを利用するのであれば、申込者に返済能力があることが大前提となります。

複数のカードローン会社の借金をおまとめで一気に返済したとしても、利用者の借金がなくなったわけではありません。

おまとめの審査に通過するための条件として、安定した収入があることは大前提となりますので、年収をしっかり申告できるようにしておくことが大切です。

2. 勤務年数や居住年数は長ければ長いほど有利

おまとめ専用のカードローンだけではなく、全てのカードローン審査にいえることですが、カードローン審査では勤務年数や居住年数は長ければ長いほど有利になります。

これは現在の勤務地に長く勤務していることや、同じ場所に長く居住していることで信用を得やすくなるためです。

逆に現在の勤務先に勤務して日が浅い方などは審査落ちの原因にもなりますので、少なくとも勤務年数が1年以上を目標としておまとめローンの申し込みをするようにしてください。

3. 20代後半〜40代は有利

おまとめローンは高額融資になることがあり、返済期間も長期化することが多くなっています。

そのためおまとめローンの審査では現在安定した収入があるかということの他にも、今後も長期的に安定した収入を得られう見込みがあるかという部分も判断基準になってきます。

そのため、おまとめローンに通過しやすい年齢としては20代後半〜40代の働き盛りの方が多くなります。

逆に近い将来働けなくなってしまう可能性の高い年配の方や、若すぎる20代前半の方だと、審査通過が難しくなる傾向があります。

年齢が原因で審査落ちしてしまった場合には、おまとめ以外の方法で借金問題を解決していくしかありません。

4. 信用情報にキズがないこと

こちらもおまとめローンに限ったことではありませんが、信用情報にキズがあるとカードローンの審査には通過しにくくなります。

信用情報とは、日本に3つある信用機関に保管されている個人と企業とのお金の貸し借りを記録した個人情報です。

いつ・どこから借りて、いつ返済したのかなどの情報を金融機関が共通して閲覧することができます。

他社の借り入れがあっても、基本的に返済期日を守ってしっかり取引していれば問題になることはありません。

しかし返済期日を守らずに滞納している記録が残っていると、審査通過が難しくなります。

また、長期的な滞納や債務整理などを行なっている場合には「信用事故」という記録が付き、ほぼ全てのカードローンで審査に通過することができなくなります。

「どうせ一本化して返済するから」と安心せずに、おまとめローンの手続きが完結するまでは、返済期日をまもって借り入れているカードローンと取り引きしていくことが大切です。

5. 年度末は審査通過がしやすい!?

本人の属性(情報)も、審査通過のための大切なポイントですが、カードローンには実は審査通過しやすい時期というものがあります。

通常カードローンでは、年度末になると決算が近づいており、少しでも多くの売り上げを上げておきたいという思いが他の月よりも高くなります。

そのため審査に関しても他の月よりも基準が多少緩和され、審査通過がしやすくなる傾向があります。

確実に審査通過を狙うのであれば、年度末の申し込みはおすすめです。

■審査で終わりじゃない!審査に通過時と審査落ちの時にやるべきこと

一本化をするカードローンに申し込みをしても、審査結果が出た段階で手続きの全てが終了するわけではありません。

たとえ審査に通過した場合でも、審査落ちした場合でも、カードローンの一本化はそれぞれに後々の手続きが必要になります。

今回は、一本化するカードローンの審査に通過した場合と、審査落ちした場合に行うべき手続きについても紹介しておきます。

1. 審査に通過したら他社の契約を解除しよう

一本化するカードローンの審査に通過したら、現在の借り入れ先へ一括で返済を行う必要があります。

おまとめ専用カードローンなどを利用している場合には、カードローン側が各カードローンに返済手続きを行なってくれる場合もあります。

しかし手続きを自分で行う場合には、借り入れ残高の残っているカードローンに一括返済を希望する旨を申し入れましょう。

一括返済の申し入れをし返済予定日を伝えることで、返済総額を計算してもらえます。

 

あとは、返済予定日までに一本化で利用するカードローンから融資を受け、予定日にカードローン各社に指示された通りに一括返済を行います。

これで、一本化の手続きが全て完了となりますので、あとは一本化したカードローンで毎月返済をおこなっていきましょう。

2. 審査落ちしたら債務整理の検討を

カードローン一本化のために申し込みをしたのに、審査に落ちてしまったという方もいますよね。

そのような方の場合には、以下のいずれかの対処法を検討する必要があります。

  1. 審査落ちの原因を改善して再申し込みをする
  2. 審査基準がさらに低いカードローンに申し込みをする
  3. 債務整理など法的な解決手段にすすむ

自分で審査落ちの理由がわかっており、問題を解決できる可能性があるのであれば1や2の対処法は有効的です。

しかしすでに返済不能に陥っている方や、カードローンを一本化しても返済できる見込みのない方であれば3のような法的手段にすすむ必要があります。

債務整理とは法の力を用いて借金の返済負担を軽減してもらったり、返済期間を長期化してもらったりする方法です。

一度債務整理を行なってしまうと、信用情報に信用事故として記録され5年〜10年の一定期間はローンやクレジットカードなどの審査通過が難しくなるというデメリットがあります。

しかし、すでに返済の見込みがない方であれば、借金を軽減させるための最適な手段です。

カードローンに審査落ちしてしまい、返済できないという状態になっている人は、一刻も早く弁護士などの専門家に債務整理の相談をおすすめします。

■まとめ

今回は、カードローンの一本化について、またそのメリットやデメリットなどについて紹介してきました。

多重債務に陥っている方であれば非常に魅力的なカードローンの一本化ですが、必ずメリット・デメリットが存在します。

一本化してから逆に借金が増えてしまうことがないように、しっかと知識を身につけてから手続きを行うようにしましょう。