カードローン審査の勤め先への電話内容は?

カードローンを申し込む際に必須なのが、「在籍確認」です。これは、本当に会社に在籍しているか、社名や電話番号など勤務先の情報に間違いがないか、そして本当に本人が申し込んだかどうかを確認するための重要な作業ですので、カードローンを申し込みたい方は避けて通ることができません。

基本的に、在籍確認は勤務先への電話連絡で行われます。

どんな電話がかかってくる?

zaisekikakunin

在籍確認の電話ではどのような事が聞かれるのか、内容が気になりますよね。例えば、「アイフルですが、○○様の在籍確認のためお電話しました」なんて電話が勤務先にかかってくれば、職場の人にカードローンでお金を借りようとしている事がバレバレです。

しかし、貸金業法という法律で「契約者以外に借金の事実を知らせてはいけない」を決められていますので、勤務先の人に知られないように配慮してくれます。

在籍確認担当者は勤め先への電話でなんと名乗る?

消費者金融の場合

「アコム」や「モビット」など大手消費者金融会社の名前を名乗れば、例えカードローンを利用した事が無い方でも名前は知っているので、消費者金融でお金を借りようとしている事がバレてしまいます。消費者金融が勤務先に在籍確認の電話連絡をする際には社名ではなく担当者の個人名を名乗ります。「田中と申しますが、鈴木さんいらっしゃいますか?」といった感じですね。

「どちらの会社の田中様でしょうか?」と聞き返された場合は、架空の会社名や他の会社名を名乗る事は禁じられていますので、「個人的な知り合いです」と返す事が多いそうです。

銀行カードローンの場合

銀行カードローンの電話連絡では「みずほ銀行の○○と申しますが…」という感じで、担当者はまず銀行名を名乗ります。銀行名なので電話対応をした職場の人がカードローンの審査だと思われる可能性は低いですが、万が一何の電話だったか内容を尋ねられた場合は「銀行口座開設の本人確認書類の件で…」や「教育ローンの件で…」などとごまかす事ができるでしょう。

勤め先への在籍確認電話の内容は?

在籍確認電話はクリア

本当に申込者がその会社に所属しているかを調べるだけですので、電話で何か難しいことを確認するというわけではありませんが、本人が電話に出た場合、他の社員が出た場合でカードローン会社の対応が変わります。

本人が取った場合

本人が電話にでた場合

申込者本人が電話に出た場合は、それだけで在籍確認ができるので基本的には何にも聞かれません。「鈴木太郎様でしょうか?」といった感じで、フルネームで確認されるだけで在籍確認はクリアです。

ごくまれに生年月日や住所などの情報を確認される場合があるようですが、基本的には申込者が電話に出るだけで在籍確認電話はオッケーだと思って良いでしょう。

他の社員が取った場合

他の社員が取った場合

例えば「田中と申しますが、鈴木さんいらっしゃいますか?」と聞いて

  • 「田中はただいま席を外しております」
  • 「本日は休みをいただいております」

となどといった返事であれば、その会社に在籍している事が確認できますので、それ以上は何も聞かれませんし、「それではまた後日ご連絡いたします」と言って切りますが、実際にかけ直す事もありません。ただ、本当にその会社に在籍しているのか判断しづらい返答もあります。

例えば「今はいません」といった返事だと、今その場にいないだけなのか、それとももう退職したのか、「休んでいます」といった返事だと、今日が休みなのか、それとも休職中なのかなど、どちらの意味にもとれてしまいます。

その際には在籍確認ができないため、「営業か何かで外出されているのでしょうか?」や「次にご出勤されるのはいつでしょうか?」などと聞くことがあります。

もし電話に出た方が「鈴木から折り返しお電話いたしますので、ご連絡先をお願いいたします」と言った際には、「携帯電話にかけるので結構です。」と断ってくれるようです。また、用件を聞かれた場合には「個人的な連絡ですので、またかけ直します」と答えるなど、上手くかわしてくれるでしょう。

確認電話をかける担当者もしっかり教育されたプロですので、とにかくカードローンを申し込んだという事が他の社員にバレないようにしてくれるので心配する必要はありません。

めったに電話がかかってこない職種の場合

めったに電話がかかってこない勤め先の場合

出社をせずに直行直帰する建設業の方や、スーパーのレジのパートなど、会社にほとんど個人宛の電話がかかってこない職種ですと、電話がかかってくる事自体が珍しいので職場の方に勘ぐられないか心配ですよね。

しかし、在籍確認を行うのはカードローンだけではなく、金融機関の教育ローンや住宅ローン、融資、クレジットカード発行もあります。ですので、電話応対をする方は確認電話に慣れていて案外なんとも思わないようです。

どうしてもカードローンに申し込んだという事が周りにバレるのが不安だという方は、銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。先述したように消費者金融カードローンだと個人名で電話をかけてきますが、銀行カードローンですと銀行名を名乗るので、カードローンの職場確認の電話だとは気付かれにくいですし、何か聞かれても「口座の事で確認の電話でした」などと答えればそれ以上何も聞かれないでしょう。

電話連絡が無いカードローンは?

denwarenrakunashi

カードローンの審査で在籍確認は必須ですので、基本的に勤め先への電話連絡も必須ですが、モビットは「電話連絡なし」と公式サイトに書かれています。これは「WEB完結申込」という申込方法で、

  • 運転免許証かパスポート
  • 源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近二ヶ月分の給与明細書のいずれか
  • 健康保険証
  • 給与明細書(直近一ヶ月分)

の写しを提出すると、電話連絡無しでお金が借りられるというものです。

しかし、勤め先への電話連絡は100%無いというわけではありませんので、ご注意ください。「審査の際に確認が必要な場合は、お電話させていただくことがあります」と注意書きで書かれているように、他の消費者金融会社と同じく勤め先への電話確認がある場合もあります。

また、返済が遅れているのに申込者本人と連絡がとれなくなってしまった場合など勤め先へ電話をする可能性も十分にあります。

その他にも、勤め先への電話確認についてはカードローン審査の電話確認を避ける方法はあるの?という記事でも解説しておりますので、そちらも参考にしてください。

審査に有利・不利な勤め先

shinsanihuri

カードローンを申し込む際に有利な勤め先、つまり審査に通りやすい勤め先というものがあります。逆に、審査に通りにくい勤め先も残念ながらあります。審査に通りにくい職種の方のために、おすすめのカードローンや審査に通りやすくなるコツもご紹介いたします。

カードローンの審査に通りやすい勤め先

公務員は審査に通りやすい

まずは何といっても公務員です。一般企業に比べて年収が低くても、失業する可能性もほぼ無く収入が安定しているのでカードローンの審査には通りやすいと言われています。

収入が高く、同じく失業の可能性が低い(すぐに再就職しやすい)医師も公務員と同じくらい審査には通りやすいです。

その次に大企業、中小企業と続きます。ちゃんと仕事をしていて返済能力があれば、カードローンの審査に落ちる事はほとんどありません。

カードローンの審査に通りにくい勤め先

審査に通りにくい職業の方

無職ではなく、きちんと仕事をしているのに残念ながらカードローンの審査に通らなかったという事もあります。

まずはパチンコなどのギャンブル関係のお仕事です。月給は中小企業の一般職などに比べると高いのですが、離職率が高いのが審査に通りにくい理由です。また、社員寮に入居している場合は、仕事を辞めて寮から出ると連絡がつかなくなってしまう可能性が高いです。

次に、キャバクラなどの水商売や風俗業です。こちらも高収入ではありますが、離職率が高いです。水商売、風俗業の女性には、アイフルのスラリなどのレディースローンもおすすめです。アイフルのスラリについてはアイフルのスラリは良い女性向けカードローンなのか徹底検証で詳しく説明しているので、そちらをご覧ください。

続いて、日雇い労働者の方も残念ながら審査に通りにくいです。こちらのお仕事は安定した収入が見込めないと見なされ、審査に落ちてしまうことがあるようです。カードローンを申し込む際、勤務先の欄に「日雇い」と書くのではなく、派遣元の企業名を書くようにしましょう。

最後に、漫画家やライター、カメラマン、イラストレーターなどのフリーランスのお仕事です。企業に属していないので収入も不安定ですし、病気になってしまった場合など、仕事ができなくなると収入がゼロになってしまうリスクもあるからです。同じ理由で自営業の方も審査に通りにくい傾向があります。しかし、安定した収入を証明できる源泉徴収票など書類を提出すれば審査に通りやすくなる事もあります。フリーランスの方は勤め先の欄には個人名を書きます。

無職や主婦はカードローンに申し込める?

mushokudemook

「仕事をしていてもカードローンの審査に落ちてしまう事があるなら、仕事をしていない人や専業主婦は無理なのでは…」と心配される方がいらっしゃいますが、安心してください。今現在仕事をしていない方でも申し込めるカードローンがあります。それはみずほ銀行やじぶん銀行などの、銀行カードローンです。

銀行カードローンは消費者金融とは違い、総量規制の対象外ですので、仕事をしていなくてもカードローンに申し込みお金を借りることができます。

総量規制とは、「年収の三分の一までしかお金を借りられない」という決まりです。この決まりが無い頃は、多額のお金を消費者金融から借りて返済できなくなってしまった人がとても多くなってしまいました。そのような事が起こらないように、消費者金融に対して総量規制という決まりを作ったのです。

総量規制の規定である「年収」が仕事をしていない方には無いため、消費者金融でお金を借りることはできません。しかし銀行カードローンは総量規制の対象ではありませんので、本人に収入がなくても配偶者に安定した収入があればカードローンに申し込むことができるのです。

無職は申し込めません

無職の方はまずアルバイトを

しかし、カードローンは本来「仕事をしていて返済能力がある方」にしかお金を貸すことはできません。仕事をしていなくてもカードローンを借りることができるのは、専業主婦(夫)だけです。そして、その場合は配偶者に返済能力があるかを審査されます。

無職で配偶者がいない場合は、カードローンの審査に通る事は残念ながらほぼ無いでしょう。現在無職でどうしてもカードローンを借りたいという方は、まずはアルバイトを始めてから申し込んでみましょう。

総量規制、専業主婦の方でもお金を借りられる銀行カードローンについては、カードローンの総量規制と対象外となる借入方法をチェック!という記事で詳しく解説しておりますので、そちらもご覧ください。

まとめ

カードローンを申し込む際に在籍確認は必ず行われるので、勤め先にどのような電話が来るのか不安に思っていた方も多いと思います。しかし、

  • 消費者金融は会社名を名乗らない
  • カードローンの在籍確認だとバレないようにしてくれる
  • 必要書類を提出すると在籍確認電話が無い場合がある

という事で、安心できたのではないでしょうか。

また、前述の通り、カードローンの審査に通りにくい職業の方におすすめのアイフルのスラリ(女性のみ)、現在仕事をしていない主婦の方でも申し込めるみずほ銀行、じぶん銀行などのカードローンがありますので、まずは審査を申し込んでみてくださいね。