年収、年齢などの制限で申し込んでも審査に落ちる人とは

年収による総量規制の制限、年齢による制限、申し込み回数による制限など、カードローンを申し込む上で、あらかじめ知っておくべき制限がいくつかあります。

これらの制限をよく把握しておかないと、審査に申し込んでもコンピューターによって自動的に落とされる事もあり得ますし、カードローンの契約はなかなか出来ません。

ここではカードローンを申し込む上での最低限の制限について詳しく解説します。総量規制対象外のオススメカードローンはこちらをご覧ください。

年収による制限「総量規制」

年収300万円の場合は合計100万円までなら借りられる

限度額があるだけで借りていると同じ扱い

多くの人が気にするカードローンの制限は年収による制限「総量規制」です。貸金業法という法律の中の一つで、年収の3分の1を越える借り入れを原則禁止とするという決まりです。

つまり、年収300万円であれば、100万円までしか借りられないという事です。しかも、一つの貸金業者ではなく、全ての貸金業者合わせた金額が年収の3分の1以下である必要があります。これを越える貸付は、消費者金融が行ってくれないので、審査時点ですぐに落とされてしまいます(勤務先への在籍確認すらないでしょう)。

借りていなくても、カードローンの枠がある時点で総量規制の対象となるので、年収150万円の人が、50万円のカードローンを契約している場合、他のどの貸金業者にお願いしても契約出来ず審査落ちとなります。

また、年収が十分にあったとしても、50万円を越える借り入れや他社との合計が100万円を越える場合は、収入証明書類(所得証明書や源泉徴収票など。事業主は事業所得を証明するもの)を提出する必要があります。おまとめローンの場合や、 個人事業主や法人代表者が事業資金として借りる場合は例外となる場合もあります。

総量規制に関して詳しくはこちらの記事をご覧ください

総量規制はあくまで年収の3分の1を越える借り入れを禁止する制限なので、3分の1なら借りられるということではありません。

過去の信用情報などを元に最大利用限度額が設定されるので、年収300万円でも限度額10万円という事もあり得ます。

銀行カードローンは総量規制対象外

アイフル店舗

総量規制は銀行カードローンは対象外

総量規制による制限は、消費者金融、クレジットカード会社、信販会社などの貸金業者のみ対象です。貸金業者は貸金業法で定められているために、総量規制の対象なのです。

それに対し、銀行は銀行法で定められている為、銀行のカードローンは総量規制対象外となり、年収の3分の1を越える借り入れも可能です(しかし銀行側の自主的な規制で、3分の1以上の枠のカードローン契約はあまり出来ません)。店舗がある銀行や、ネット銀行は全て総量規制対象外です。

年収がない専業主婦の方でも申し込む事が出来るカードローンもあります(単に無職の方は申し込む事が出来ません)。その場合は、 配偶者の所得などに応じて限度額が決まります。

また、銀行カードローンは300万円までは収入証明書類を提出しなくて良いなどのメリットもあります。

オススメの銀行カードローンはこちらをご覧ください

年齢による制限

カードローンはどんな年齢であっても申し込めるという訳ではありません。担保不要、保証人不要であるため、年齢による制限があり、対象年齢以外の人が申し込みした場合は審査はほとんど行われることなく否決となります。

以下は、大手のカードローンの年齢制限の表です。

金融機関名 借り入れが出来る年齢
楽天銀行スーパーローン 20歳以上62歳以下
三井住友銀行カードローン 20歳以上69歳以下
新生銀行カードローンレイク 20歳以上70歳以下
オリックス銀行 満20歳以上69歳未満
みずほ銀行 20歳以上65歳以下
スルガ銀行 20歳以上70歳以下
プロミス 20歳以上69歳以下
モビット 20歳以上69歳以下
アコム 20歳以上69歳以下
アイフル 20歳以上69歳以下

未成年は問答無用で借りられません

女子高校生

どのような理由であれ、未成年はカードローンを利用出来ません

未成年(20歳未満)に関しては全ての金融機関がカードローン申し込み対象としていません。つまり借り入れる事は出来ません。これは、未成年が法律上契約という行為が出来ないからであり、未成年が行った契約は後で親権者が取り消すことが出来るからです。

そして未成年であるということで、収入はあまりない人がほとんどです。親に取り消しされる可能性がある上に、貸したお金を返済してもらえない(貸し倒れ)リスクが高いため、どの金融機関でも未成年に対する貸付は行っていません。審査を受ければすぐに否決となります。

未成年であっても、大学生ぐらいになれば運転免許証、原付バイク、自動二輪、自動車、デートなどの交際費など様々な事にお金を使うようになり、必要なお金も増えます。

しかし、例え未成年が申し込む事が出来るカードローン(キャッシング)があったとしても、返済能力が低い未成年はカードローンを利用するべきではありません。若い内から借金地獄になってしまう可能性があります。

上限年齢は金融機関ごとに違う

困っている老人

大手では上限は70歳

年齢制限の下限はほとんど全ての金融機関が20歳以上としているのに対し、上限年齢は金融機関によって異なります。

例えば、楽天銀行スーパーローンの場合は、62歳以下を対象としており、63歳の誕生日を迎えた後は新たな借り入れが出来なくなります。つまり63歳以上だと申し込んでも年齢制限により否決となります。

三井住友銀行の場合は69歳以下、レイクの場合は70歳以下としており、楽天銀行に比べればかなり余裕がある方ですが、それでも75歳、80歳というような高齢には貸し付けていません。大手消費者金融も69歳以下となっています。

これは、高齢になればなるほど、無職である割合が増えていくと同時に年金収入のみという方も増えます。亡くなってしまい返済が滞る可能性も高くなりますし、認知症が進み、返済が出来なくなるという事もあり得ます。

カードローンは保証人を設定しない借金なので( 保証会社が保証する契約)、家族の人に代わりに請求することは出来ません。それ故、年齢制限は仕方ない事と言えます。高齢者がより長くカードローンを利用したいという場合は、 シニア向けにも利用出来るレイクか、スルガ銀行のカードローンがオススメです(71歳の誕生日前日まで借り入れ可能)。

申し込み回数による制限

時計とカレンダー

申し込み社数は半年で3社ぐらいまで

カードローンに申し込むだけなら何回しても問題ないと考えて、何度も審査を受けている人がまれにいます。カードローンは短期間で複数回申し込むと信用がなくなり審査前に落とされてしまいます。この状態の事を申し込みブラックと呼ぶ方もいます。

カードローン、クレジットカードの契約情報は個人信用情報機関に保管されていますが、その中には過去の延滞情報や住所等の個人情報だけでなく、申し込み情報も保管されるようになっています。

カードローン会社は申し込みがあった人の個人信用情報を見る時に、この申し込み情報を確認します。そこで短期間に申し込みが集中していると、「お金によほど困っている。お金を貸すと返してくれないかもしれない。」などと認識され、審査に落とされてしまうのです。

この申し込み情報は半年経てば削除されるので、半年以内に複数のカードローンに申し込むのは辞めておきましょう。目安としては、半年に3社ぐらいまでが許容範囲と言われています。4社目以降はほぼ審査前に落とされると考えても良いです。最初のカードローンに落ちてから半年経ってから4社目のカードローンに申し込むようにしましょう。

すでに持っているカードローン数による制限

手を上げる女性

カードローンの契約者数を減らそう

カードローンの返済の為にカードローンでお金を借りる事を自転車操業とか、多重債務状態と言います。カードローンを複数枚持っている人はこの多重債務者である可能性が高く、カードローン会社も避ける傾向があります。

総量規制によって年収の3分の1までなら枠はもらえるのではないかとも考えられますが、すでに契約しているカードローン会社が多い場合は、年収の3分の1にも満たない金額までしか借りる事は出来ないでしょう。

今現在、3社のカードローンを利用しているのであれば、4社目はほぼ審査前に落とされてしまうと思います。おまとめローンを希望する場合でも、3社以上のカードローンを契約している場合は、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

おまとめをしたい場合、出来れば、借入残高が少ないカードローンを返済しきって解約してしまい、契約カードローン会社の数を減らしてから申し込むようにしましょう。

完済したカードローンはそのまま自動的に解約となるのではなく、むしろ 自動更新となるため、気づかないうちにカードローンの借入枠を持っているという方も多いです。

自分がどれくらいカードローン契約をしているのか分からない場合などは信用情報機関に情報開示申請をしましょう(信用情報機関について詳しくはこちら

まとめ

カードローンは信用取引という人の信用のもとに成り立っている商品なので、様々な制限が存在します。

時間が経つなどしないとどうしても避けられない制限などもありますが、避けられる制限はしっかりと避けてからカードローンに申し込むようにしましょう。