楽天銀行のカードローンのメリット、デメリットを徹底検証!

楽天銀行のカードローンは「スーパーローン」という名前で、銀行カードローンです。

銀行のカードローンは低金利というだけでなく、総量規制の対象外なので、年収による借り入れ金額の制限などがありません。

また、提携ATMの手数料なども無料なところが多いです。

 

ただし、審査まで最短即日とはいうものの、2営業日ほどかかる場合が多いので、メリットだけではありません。

カードローンを利用する際は、メリットとデメリットをきちんと把握した上で、申し込むべきです。

 

ここでは楽天銀行のカードローンについて徹底的に調査した結果などをまとめていきたいと思います。

楽天銀行公式サイトを確認

楽天銀行のカードローン「スーパーローン」の基本情報

上限金利は平均的だが、希望する限度額によっては高くなる場合がある

楽天銀行のカードローンは金利が4.9%~14.5%ということで、銀行のカードローンとしては平均的な金利と言えます。

上限金利は14.5%なので、消費者金融のカードローンの18.0%に比べればかなり安いと言えるでしょう。

 

ただし、消費者金融と大きく違うのは限度額が50万円の場合であり、利用限度額を大きくすると銀行カードローンとしての恩恵を受けられない可能性もあります。

以下の表をご覧ください。

限度額 実質金利
50万円 14.5%
100万円 9.6%~14.5%
200万円 6.9%~14.5%
300万円 4.9%~12.5%
400万円 4.9%~8.9%
500万円 4.9%~7.8%

ご覧いただけるように、限度額が50万円の場合、実質金利は14.5%ということで、消費者金融の18.0%前後とは大きく違います。

 

しかし、限度額が100万円の場合、実質金利は9.6%~14.5%と幅が設定されています。

この幅は、楽天銀行のカードローンに申し込んだ際の審査によって決められるのですが、もし上限の14.5%になった場合、消費者金融の金利とあまり変わらない、という現象が起こってしまいます。

 

各限度額の上限金利をまとめた表が以下で、消費者金融のアコムと比較しています。

 

限度額 上限実質金利 参考:アコムの
上限金利
楽天銀行と
アコムとの差
50万円 14.5% 18.0% 3.5%
100万円 14.5% 15.0% 0.5%
200万円 14.5% 15.0% 0.5%
300万円 12.5% 15.0% 2.5%
400万円 8.9% 15.0% 6.1%
500万円 7.8% 15.0% 7.2%

限度額が100万円と200万円の楽天銀行における上限金利になった場合、金利が高いと言われる消費者金融と0.5%しか変わらない金利になってしまうのです。

 

楽天銀行の金利は審査によって幅があるので、必ずこのような金利になるとは限りませんし、楽天銀行はATMの手数料がほとんど無料など、恩恵がたくさんあるので(後述)、金利だけで比べるということはあまり適切ではありません。

ただ、金利は限度額によってはあまり銀行カードローンとしての恩恵を受けられない場合があるという事です。

 

最初のオススメの限度額として50万円で申し込みをすることをオススメします

限度額が低い方が審査に通りやすい傾向がありますし、上記の表のように金利が割安な限度額だからです。

もちろんどの限度額であっても消費者金融より安いのは間違い有りませんので、その点は安心出来ます。

限度額50万円

希望限度額はまずは50万円での申し込みがオススメ

楽天銀行公式サイトを確認

下限限度額は50万円なので、少額借り入れ希望の場合は注意

ゴルフ

いつどんな出費があるか分からない人には良い限度額

限度額の上限が500万円ということで、平均的と言えますが、最低限度額が50万円からとなっており、少額借り入れを希望する方には向かないと言えます。

 

例えばプロミスは1万円から借り入れる事が出来るので、数万円レベルで借り入れを行いたい、という方にとって楽天銀行は不向きと言えます。

限度額50万円の審査は、当然限度額1万円の審査よりも厳しいと言えるからです。

 

ただし、いざという時の為に持っておきたい、いくら借り入れるか分からない、という場合は、50万円以上は必要なので、楽天銀行のカードローンが向いていると言えます。

 

限度額が大きいので、突然の飲み会や、ゴルフのお誘いなどが多い方には良いカードローンでしょう。

楽天銀行公式サイトを確認

審査のスピードは最短即日だが消費者金融よりは遅いと考えた方が良い

時計を見る女性

今日絶対に借りたい!という方には向かないかも

楽天銀行のカードローンは申し込んだ当日に融資を受ける、いわゆる最短即日融資が可能です(申し込む時間帯によって翌営業日扱いになる場合があります)。

 

ただし、利用者や申込者にアンケートをとってみると、融資までに数日かかった、という方が多かったので、最短即日ではあるものの、数日(2営業日ほど)かかると考えた方が良いでしょう。

急ぎの場合は、振り込みによる融資を行ってくれるので、融資自体は非常に早く済ませることが可能ですが、ローンカードが届いて、自由に借り入れ、返済が出来るようになるのは、契約してからさらに2営業日ぐらいはかかりそうです(ローンカードが郵送で届くため)。

 

よって、「今日に絶対借りないと行けない」という状況ではなく、何かあったときの為に申し込みたい、という方に向いているカードローンと言えます。

といっても、金利が安い銀行カードローンにしては最短即日というだけで十分に早いので、低金利のカードローンで、出来れば急ぎたいという方にもオススメです。

 

楽天銀行のカードローンでは「何時までに申し込めば即日融資が可能」という時間は公開されていません。

当日振り込み受付時間が14:45までと考えると、遅くとも14:30ぐらいまでに契約を完了させる必要があります

ただ、楽天銀行の普通預金口座を持っているのであれば、24時間365日いつでも振り込み融資が可能なので、さらに猶予があると考えて良いでしょう。

 

楽天銀行公式サイトを確認

楽天銀行を持っていなくても利用可能

銀行のカードローンというのは、その銀行の普通預金口座を持っていなければ申し込みが出来ない(もしくは申し込みと同時に口座を開設する)場合や、引落用の口座をその銀行しか指定出来ない場合など多いのですが、楽天銀行はそういった縛りがありません。

 

つまり、楽天銀行を持っていなくても、申し込みやカードローンの契約が可能ですし、毎月のカードローン引落用の口座に楽天銀行以外を指定することも出来ます。

今、楽天銀行を持っていない人でも引落口座の事などは考えずに申し込む事が出来ます。

 

楽天銀行カードローン契約者が楽天銀行口座を持っているメリット

楽天銀行キャッシュカード

メリットが多いので普通口座も作っておくべき

申し込む時に楽天銀行の普通口座は必須ではありませんし、カードローンを契約後も特に必要有りませんが、楽天銀行があった方がより便利にカードローンを利用出来るというのは間違いありません。

 

どのようなメリットがあるのかをまとめましたので、これ以上銀行口座を増やしたくない、という方以外は是非作っておくと良いでしょう。

楽天銀行公式サイトを確認

24時間365日借り入れ、返済が可能

借入方法の一つに指定口座に振り込んでもらうという借入方法がありますが、その指定口座を楽天銀行にしておけば、24時間365日いつでも振り込み融資を受ける事が可能です。

 

早朝であろうが、深夜であろうがネットさえつながれば借り入れる事が出来るので、夜遅くに急にお金が必要になった場合や、翌日に引き落としがある事に寸前に気付いたときでも借りられるので便利です。後はキャッシュカードを使って、近所の提携ATMで借り入れすれば現金が手に入ります。

 

他行の口座を指定する場合は、平日の9:00~14:45であれば比較的早く振り込みはされますが、楽天銀行はその場合の振り込み時間を「当日中」としてしか公開していません。

つまり、何らかの事情で振り込みが遅れることもあり得るのです。

すぐにお金を振り込んでほしいという場合はやはり楽天銀行口座があった方が良いでしょう。

 

楽天銀行 他行
いつでも
(24時間365日)
0:10~14:45
(14:45以降は翌営業日)
即時反映 営業時間内(9:00~15:00)に反映

返済も楽天銀行のカードローンのネットサービス「メンバーズデスク」から手数料無料、1円単位で返済が可能です(ただし、返済は他の銀行で利用可能な所もあります)

楽天銀行公式サイトを確認

引き落とし日の選択肢が多い

時計とカレンダー

楽天銀行のカードローンで借り入れを行っている場合、毎月、一定額の引き落としを行わなければなりません(約定返済)。

楽天銀行ではこの約定返済日を候補の中から選ぶことが出来、楽天銀行を指定したときのその選択肢が最も多いのです。

 

引き落とし日は1日、12日、20日、27日から選ぶことが可能で、引き落としに設定する金融機関によっては選べない日があります。

 

引き落とし日候補 備考
1日 ソニー銀行の人はこの日を選択出来ない
12日 シティバンク銀行、商工組合中央金庫の人はこの日を選択出来ない
20日 ソニー銀行の人はこの日を選択出来ない
27日 楽天銀行の人だけがこの日を選択出来る

 

引き落とし日を候補日から選べるだけでも十分に柔軟な対応と言えますが、楽天銀行を持っていれば、27日も指定出来るので、さらに選択肢が広がります。

特に給料等の支給日が25日の方は27日を選びたいところです。

 

新東京銀行、ゆうちょ銀行、じぶん銀行、その他の信託銀行、信用金庫、信用組合の一部など、楽天銀行の引き落とし用の口座に設定すら出来ない銀行もあります

これらの銀行をメインとして使っている場合は楽天銀行の普通口座を開設することも検討すると良いでしょう。

申し込みから契約までの流れ

楽天銀行のカードローン「スーパーローン」に申し込んで、契約するまでの流れをまとめると以下の通りとなります。

  1. 申し込み
    こちらのページから申し込みが可能です。運転免許証と、引き落とし用の口座情報を手元に用意すればスムーズに申し込みが出来ます。
  2. 審査
    個人信用情報機関への照会などを行います。
  3. 在籍確認
    勤務先に電話で確認連絡を行います。電話以外の方法で確認を取ってもらう事は出来ません。
  4. 本人に電話
    契約内容の確認として本人に電話が来るようになっています。
  5. 必要書類の提出
    必要書類は基本的には本人確認書類(免許証、保険証、パスポートなど)だけで良いです。証明書類送付用アプリがあるので、スマホの方は利用して送付します。
  6. スーパーローンカード発行、送付
    契約日から1営業日後に発送されるので手元に来るのは数日後となります。カードローンが届き次第ATMで利用することが可能です。
  7. 口座振替依頼書
    申込時に必ず口座情報を入力する必要がありますが、楽天銀行以外を入力した場合は、この段階で口座振替依頼書を返送する必要があります。設定しておかないと返済し忘れなどどで延滞等の不利なステータスがついてしまうので、必ず返送を行いましょう。

 

楽天銀行公式サイトを確認

借入方法

パソコン、スマホ、携帯電話(ガラケー)からネットキャッシング

スマホを操作する女性

楽天銀行スーパーローン会員専用サービス「メンバーズデスク」にログインし、「キャッシングのお申し込み」から金額を入力して申し込むだけで登録口座に振り込まれます。

 

他行の銀行を登録していても手数料が無料なのはうれしいですが、どう考えても楽天銀行を登録しておいた方が使い勝手が良いです。

登録銀行 楽天銀行 他行
当日融資の受付時間 いつでも
(24時間365日)
0:10~14:45
(14:45以降は翌営業日)
いつ反映するか 即時反映 営業時間内(9:00~15:00)に反映
手数料 無料 無料
携帯電話(ガラケー)の場合でも電話をかけるのではなく、専用のウェブサイト( http://m.rakuten-bank.co.jp/loan )にアクセスしてネット申し込みを行います。

楽天銀行公式サイトを確認

電話で振り込み申し込み

携帯電話を持つOL

歩きながらでも融資の依頼が出来ます

通話料無料で24時間有人対応してくれるカードセンターに電話して振り込みの融資を依頼します。こちらも手数料無料です。

 

24時間手数料無料で対応してくれるので、ネットがつながらない、移動しながらで画面を見られないなどの時は電話で振り込み依頼もあると使い勝手が良いです。

提携ATMにてカードを使って借り入れ

ATM

無料で利用出来るATMは非常に多いです

提携ATMにスーパーローンのカードを持っていって借り入れが出来ます。

コンビニに設置されているATMはほぼ24時間利用することが出来る上に、無料で借り入れが可能です。

 

無料で借り入れが可能なATMが非常に多いことも楽天銀行のカードローンの魅力の一つと言えます。

提携ATMの手数料や利用可能な時間については後述します。

楽天銀行公式サイトを確認

返済方法

登録口座からの引き落とし

返済には毎月支払わなければならない約定返済と、自分が好きなときに返済する臨時返済(随時返済)があります。

 

楽天銀行の場合はこの引き落としの日を四つの候補日から選ぶことが可能です。

引き落としに設定出来る日に関してはこちらをご覧ください。

楽天銀行公式サイトを確認

提携ATMでカードを使って返済

借入時と同様に、ATMを使って返済を行います。基本的にほとんどのATMで手数料は無料です。

 

返済する時の単位は千円単位ですが、一部のATMでは1円単位で返済する事が可能です。ATMについては後述します。

インターネット会員サービスから返済

借り入れる時と同様に、インターネットサービス「メンバーズデスク」を利用して返済する事が可能です。

ただしその場合、返す元の金融機関の銀行口座を用意する必要があり、その銀行がインターネットバンキングに対応している必要があります。

 

流れとしては、

  1. 返す元の金融機関のインターネットバンキング
  2. 楽天銀行のカードローンメンバーズデスク
  3. 返済

となります。

楽天銀行公式サイトを確認

楽天銀行が指定する口座に振り込みで返済

こちらはほとんどの場合、振込手数料がかかり、あまりメリットがない返済方法です。

楽天銀行が用意したスーパーローン用返済口座に、振り込んで返済するという方法です。

 

楽天銀行から以外は振込手数料がかかりますし、楽天銀行からであれば、インターネット会員サービスを使って利用した方が返済はしやすいです。

パソコンやスマートフォンが苦手な方が銀行窓口で振り込む時ぐらいしか使わない返済方法でしょう。

 

提携ATM手数料や利用可能な時間について

様々なATMが利用可能です

様々なATMが利用可能です

2016年3月現在で楽天銀行のホームページで確認したところ、なんと全国で100,000台以上のATMが利用可能です。

例えば、ローソンATMが全国で11,167台なので(2016年3月現在)、非常に多い事がおわかりいただけると思います。

 

しかもその多くが借り入れも返済もATM手数料無料なので、いつでも気にすることなく借り入れや返済が出来ます。

一部優良なATMもありますが、無料だけでもほとんどの人が問題ないぐらい多いです。

 

まず無料で利用出来るATMをまとめました。

これらのATMが近所や勤務先周辺にあるのであれば、借りたい時に借りられて、返したい時に返せるので楽天銀行のカードローンを利用しやすいと言えます。

 

楽天銀行公式サイトを確認

楽天銀行のカードローンを無料で借り入れ、返済が出来るATM
大手銀行
三井住友銀行、みずほ銀行、セブン銀行、イオン銀行
コンビニ
ローソン、セブンイレブン、E-net(ファミリーマート、デイリーヤマザキ、スリーエフ、ミニストップ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート)
駅など
PatSat
地方銀行
大光銀行、富山銀行、高知銀行、名古屋銀行、愛知銀行、栃木銀行、東京スター銀行、東京都民銀行、北都銀行

さらに主要なATMについて、借り入れ出来る時間等もまとめます。

 

ATM自体が24時間営業している場所に置かれている場合のATM営業時間です。

ATMによっては下記の時間通りではない場所もあるので、最寄りのATMの営業時間を確認しておきましょう。

 

また、ローソンにおいてあるATMはほとんどがローソンATMですが、まれに別のATMが設置されている場合があり、その場合、営業時間だけでなく、手数料も発生する可能性があるので注意してください。

楽天銀行公式サイトを確認

金融機関  曜日 利用内容 利用できる時間帯
  • ローソンATM
  • E-net(ファミリーマートなど)
  • イオン銀行
毎日 借り入れ 0:05~23:45
返済 0:05~23:45
  • セブン銀行
毎日 借り入れ 0:05~23:50
返済 0:05~23:50
  • 三井住友銀行
月~金 借り入れ 0:10~23:45
返済 8:45~23:45
借り入れ 0:10~23:45
返済 利用出来ない
日祝 借り入れ 0:10~21:00
返済 利用出来ない
  • みずほ銀行
月~金 借り入れ 0:05~23:45
返済 8:45~18:00
借り入れ 0:05~22:00
返済 利用出来ない
日祝 借り入れ 8:00~21:00
返済 利用出来ない

以上の通り、ほとんどのATMでほとんどの時間利用出来ますが、一部、返済を取り扱っていない時間帯もあるので、返済の際は注意しておきましょう。

 

ただ、ここまで多くのATMを無料で利用出来るというのはネット銀行である楽天銀行ならではのサービスと言えるでしょう。

ATM利用手数料が有料で使えるATMは、

三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、北洋銀行、仙台銀行、北海道銀行、みちのく銀行、東北銀行、きらやか銀行、東邦銀行、横浜銀行、群馬銀行、八千代銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、武蔵野銀行、常陽銀行、足利銀行、北陸銀行、北國銀行、スルガ銀行、大垣共立銀行、十六銀行、静岡銀行、みなと銀行、百十四銀行、広島銀行、もみじ銀行、トマト銀行、愛媛銀行、香川銀行、徳島銀行、西日本シティ銀行、親和銀行、宮崎銀行、全国の信用金庫

です。手数料は1万円以下なら108円、一万円超なら216円かかります。

楽天銀行公式サイトを確認

返済方式

楽天銀行の返済方式は、残高スライドリボルビング方式です。

厳密に言えば、残高スライド元利定額リボルビング方式に属する返済方式です。

 

残高スライドというのは、とある締め日時点での借り入れ金額に応じて、その月の支払金額が変わる支払方式です。

楽天銀行の場合、約定返済日の15日前の残高によってその月の返済金額が決まります。金額は以下の表の通りとなります。

 

15日時点での利用残高 毎月のローン返済額
10万円以内 3,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超350万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円

例えば、返済日を毎月27日に設定していた場合、12日の時点での利用残高次第で27日に引き落とされる金額が決まります。

12日時点で、15万円を借りていたとすると、月々の支払は5,000円となります。

 

残高スライド方式は毎月の支払金額が抑えられる代わりに、元金がなかなか減らず支払利息総額が非常に大きくなる可能性があります。

必ず返済計画を立てて、臨時返済を積極的に行うようにしましょう。

元金を効率よく減らす方法に関しては、下記の記事を参考にしてください。

カードローンの元金が減らない場合にオススメの支払方法

2016.02.11
実質年率 4.9%~14.5%
限度額 50万円~500万円
審査完了まで 最短当日
融資まで 最短当日
月々の支払い 3,000円~
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング方式
借入方法
  • 振り込み
  • 提携ATM
  • 電話
返済方法
  • 自動引き落とし
  • 提携ATM
  • インターネットバンキング
  • 銀行振り込み
申し込み資格 パート、アルバイト、自営業、専業主婦、学生申し込み可(学生は20歳以上)
特典 入会時に楽天ポイント1,000ポイントもらえる
※1ポイント=1円として利用出来る
※入会月末から15日間のみ有効な期間限定ポイント
保証会社
  • 楽天カード
  • セディナ

楽天銀行公式サイトを確認

楽天銀行のカードローンのメリット

  • 無料で利用出来るATMが多い
    こちらでまとめていますが、借り入れ、返済ともに無料で利用出来るATMが非常に多いです。
  • 楽天銀行を持っていなくても良い
    申し込みから契約、利用中まで楽天銀行の普通口座を持っていなくても良いです。
  • おまとめローンしやすい
    おまとめローンに積極的な銀行とそうでない銀行がありますが、楽天銀行は申し込みページにも記載されており、積極的に利用出来ると判断できます(消極的な場合は、全くホームページ上に掲載されていない)
  • 収入証明書類が原則不要
    希望限度額が300万円を越える方、個人事業主、法人代表者以外は基本的に収入証明書類は不要です。審査によって必要な場合があり、その場合は、源泉徴収票、課税証明書、給与明細書、確定申告書の中から指示があった物を用意して提出スルガ銀行必要があります。
  • 総量規制対象外
    銀行のカードローンなので、総量規制の対象外となります。ただし、申し込む際の「他社からの借り入れ」の欄には、消費者金融などのノンバンクの借り入れもきちんと入力しましょう。

楽天銀行のカードローンのデメリット

  • 63歳以上は契約出来ない
    65歳前後まで使えるカードローンが多い中、楽天銀行は契約条件として62歳以下としているためそれ以上の年齢の方は利用出来ません。
  • 自動契約機がない
    来店して契約といったことが出来ず、インターネット上での申し込みが必要です。

まとめ

楽天銀行のカードローン「スーパーローン」は、とにかく手数料がかかりにくく、多くのATMで借り入れ、返済で手数料が不要なのは非常にプラスポイントです。

いつでも返せる時に1,000円ずつでも良いので、少しずつ返していくのが借金を大きくしすぎないコツなので、そういった利用をするのにちょうど良い金融機関と言えます。

 

ただし、最短即日融資は出来ない事も多いので、本当に急いでいる方は、プロミスモビットアコムなどの消費者金融に申し込むようにしましょう。

楽天銀行公式サイトを確認