カードローン審査の電話確認を避ける方法はあるの?

カードローンの審査ではほとんどの場合、カードローン会社から申込者の勤務先に電話による確認作業が行われます。ただ、勤務先に電話をかけられるというのは、周りにカードローンを契約しようとしていることがバレないかとか、どのようなことを話されるのかとかが気になりますよね。

ここではカードローンの審査において行われる電話確認の内容から、それを避ける方法があるのか、どのように対応するべきなのかなどを詳しく解説いたします。

カードローンにおける電話確認の基本知識

電話確認とは何か

カードローンを申し込んで契約するときには必ず審査というものがあります。信用情報機関から情報を照会して申込者の過去の記録を確認するなどが審査の内容となりますが、今現在の勤務先の情報を確認するために、勤務先に電話をかけるというのが電話確認です。

後述しますが、カードローン会社は絶対にカードローンの電話確認だとは分からない様に個人名を名乗る、用件を言わないなど気を遣って電話をかけてくれます。

電話で確認する事で本当に在籍しているのか等を確認する

きちんと働いて収入があるかを確認するのが第一義

なぜ職場にバレたくないのにわざわざ職場に電話をかける必要があるのかというと、電話の確認によっていくつか確認を行う必要があるからです。

最もカードローン会社が確認したい事は「きちんと働いているか」ということです。カードローンは無担保の融資なので、何よりも「働いている」ということが条件です。なぜなら収入がないと、カードローンでお金を借り入れても返済をすることが出来ない為です(配偶者に収入がある専業主婦は銀行のカードローンに申し込む事が出来ますが)。

本来であれば、きちんと働いているかどうかを職場の人間に確認し、社員としての情報をしっかりと確認するのが電話確認で最も確実な方法ですが、そこまですることは個人情報の観点から難しいですし、職場にバレたくない契約なので出来ません。そこで個人名で電話をかけているかどうか確認することにとどめているのです。

また「勤務先情報が間違っていないか」というのも虚偽を含めて確認します。働いているということを確認できれば良いのですが、違う職場を申告する様な場合、お金を貸せるほど信用できる人間とは言えません。また申込者の勤務先の最新情報を確認したいため、虚偽ではないと分かっていても電話で確認します。

ついでに「本人による申し込みかどうか」ということを確認します。今はインターネットの普及で利用が当たり前になっており、インターネットだけで完結することが出来るカードローンの申し込みが多いです。また無人契約機などもあるため、担当者が直接会って話すということはあまり無くなりました。その分、本人ではない方の申し込みがバレにくくなってしまったのです。ただ、電話確認の際に本人が出なくてもOKとする場合が多いので、本人による申し込みかどうかを確認するという意味はついでぐらいでしょう。ただし、申し込み内容によっては電話口に本人が出てくる必要があります。

職場に絶対にバレない様に電話をかけてくれるのか

怪しい電話がかかってきたと思われる可能性はあります

怪しい電話がかかってきたと思われる可能性はあります

結論から言うと、カードローン会社は職場にバレないように最大限の努力はするがバレる可能性はあるということです。カードローン会社の電話確認は嘘をつくと言うことが出来ないので(コンプライアンス的にも法律的にも)、嘘をつかない範囲で電話をする事しか出来ません。職場に申込者と違う人間がいる時点でバレるというのは100%避けることは出来ないというのが電話による在籍確認の限界です。

例えば、「妻ですが夫の○○はおりますか?」などはバレる可能性が減りますが、嘘になるので言うことが出来ません。「保育園(小学校)からの連絡ですが・・・」「○○警察ですが、落とし物の件で・・・」など、事実と違うことは絶対に言えません。その結果、出来ることと言えば、個人名で名乗ることぐらいなのです。

個人名で名乗っても勘の良い人が電話に出ればカードローンの申し込みだとバレる可能性はあります。そもそも職場は個人の場ではないのに個人名で電話をかけてくるからです。携帯電話等が普及しているのに職場にかけてくるのもそもそもおかしいですよね。

ただ、それでも働いているかどうかを確認したいため、どうしても電話でしたいのです(一部消費者金融は除く。後述)。ただカードローン会社はバレない様に最大限の努力はしてくれると考えておきましょう。

どの段階で電話による在籍確認を行うのか

電話確認は金融機関にもよりますが、審査の最終段階で電話をかける場合が多いです。なぜなら、審査の最初に職場にバレる可能性がある電話確認を行い、審査に落ちたなんてことがあれば、十クレームに発展する可能性が高いからです。もうこの職場の電話確認さえ終われば審査に受かってもおかしくないぐらいの段階で電話をかけます。

ただし、電話確認があったからといって確実に審査に通過する(可決)訳ではありません。あくまでまだ審査の段階ということを覚えておきましょう。

電話をかけてきたときの話の内容は?

在籍確認の電話電話をかけてきたとき、本人が出ないのであれば、電話に出た方に本当に働いているのかを聞き出します。「ただいま外出しております」「ただいま席を外しております」「他のお客様の対応中です」など在籍していると分かればどのような受け答えでも問題ありません。本人が出ない場合は、ほとんど話すことはなくすぐに電話は終わります。

ただし、本人が電話口に出てしまうと、場合によってはフルネーム、住所、生年月日等を言わされる可能性はあります。電話口でそのようなことをいうと職場の人に不審がられる場合もありますので、出来れば自分がいない時間などにかけてもらう方が間違い有りません。

ちなみにアコム、プロミス、アイフル、モビット、ノーローンなどの消費者金融は、電話をかけたときに社名を言う事がよくないことだというのをしっかりと把握しているため、必ず個人名でかけますが、銀行は銀行名を言う場合があります。銀行名でかけられるのも困るという場合は、個人名でかけてほしいことを伝えておきましょう。

職場の人の反応で審査が決まる

電話確認の時間はある程度指定できるものの、数分単位で指定できるわけではありません。それ故、その時に職場に誰がいて、電話がかかってきたときに誰が出て、どのような反応をするのかはその時々によって異なります。

ただ、職場の人の反応でカードローンの審査が通るかが変わってくるので、どのような反応なら審査はどうなるのか、という最低限の知識を備えておきましょう。

考え得る職場の人の反応とカードローン会社の対応

  • 「○○はおりません」と言う
    そういった人間は存在しないという意味なのか、今たまたまいないのか分からないので「お戻りはいつ頃ですか?」と聞くでしょう。
  • 「○○はお休みをいただいております」と言う
    長期休暇なのか、今日だけ休んでいるのか分からない為、少し突っ込んで聞くかもしれません。「次はいつ頃出社されますか?」など。
  • 「○○は退社しました」と言う
    退社しているのに勤務先として書いているのであれば間違いなく審査に落ちます(否決という)。
  • 「○○というものはおりません」と言う
    こちらの場合も、在籍確認が出来ないので審査落ちは間違い有りません。ただ、派遣社員の場合など電話先の職場が社員を把握していない可能性も大いにあるので、嘘を書いていないのであれば、カードローン会社に事情を説明しましょう。
  • 「個人情報の観点からお答えできません」と言う
    この場合、在籍しているかどうかが全く分かりません。それ故、在籍確認が不可能となります。審査に落ちる可能性もあるため、個人情報を非常に重んじる職場という事があらかじめ分かっている場合は、電話を出そうな人にあらかじめ在籍確認の電話がある旨を伝えた方が良いでしょう。クレジットカードの在籍確認とでもいっておけば問題ありません。
  • 何の用件かとしつこく問う
    個人名でかけるというのが電話確認の暗黙の了解ですが、個人名でかける事が珍しい職場などの場合、怪しいと思われてしまう可能性があります。電話を取った人が「何の用だ」としつこく聞く可能性もあります。ただし、それでも消費者金融などの名前は絶対に出しません。「個人的な用件なので」と電話を切るだけです。
  • かかってきた電話番号にかけ直してしまう
    金融機関によって変わりますが、電話確認の際の電話はかけなおされないように非通知でかける場合が多いです。職場によっては、いたずら電話を防止する為に、非通知拒否の設定をしている可能性があります。しかし、職場が非通知拒否の設定をしていると、番号を通知してかけざるを得ません(審査が終わらないため)。それ故、かけ直されるということもあり得ます。しかしその場合でも「アコムです」などと言うことはなく、コールセンターの名前などを言って切り抜けるなどの対応をしてくれます(○○センターです、など)。

電話による在籍確認で注意するべき事

電話による在籍確認において念頭に置いておかなくてはならない点がいくつかあります。これらを把握しておかないと審査に通らないどころか、逮捕される可能性もあるので、十分に注意が必要です。といっても、常識的に考えれば問題ないものばかりなので、さらっと確認しておきましょう。

他のカードローンを持っているなら住所、勤務先等を最新の状態にする

信用情報機関

日本の信用情報機関はこの3社。住所、勤務先は最新のものを届け出よう。

カードローンを取り扱っている金融機関は、銀行、信用金庫、信用組合、消費者金融、クレジットカード会社、信販会社などどれでも信用情報機関というものに加盟しています。信用情報機関に加盟した金融機関は、信用情報として、カードローンやクレジットカードなどを使用する方の住所、電話番号、勤務先などの情報を提供する義務があるのです。

今現在、クレジットカードや、カードローンを持っている場合は、当然、今現在契約している金融機関によって住所や勤務先の情報は信用情報機関に登録されています。もし引っ越し、転勤、転職等で住所、勤務先情報が変わっているのに、現在契約の金融機関に情報変更の届け出を行っていない場合、新しくカードローンに申し込む際に書いた情報と、信用情報機関にある情報とが食い違っている場合、審査が不利になる可能性があります

もちろん、それだけで即審査落ちという事はないかもしれません。しかし、審査に時間がかかる、勤務先への電話による在籍確認が確実となる、総合的に考えて信用に足らないと判断される一つの原因となるなど、デメリットでしかありません。

今現在の住所や勤務先は常に最新のものをカードローン会社やクレジットカード会社に届け出るということはおそらくどの契約でも規約により定められているので、新しいカードローンを申し込む際は、まずは今現在のクレジットカード、カードローンなどの情報がきちんと最新のものになっているのかを確認しましょう。ネットでも確認出来るかもしれませんが、電話で確認し、違っているようであればその場で変更をお願いするようにすればスムーズでしょう。

信用情報に関する記事はこちら

電話確認がないカードローンは?

まず前提として知っておいていただきたいことは、電話による在籍確認が絶対にないというカードローンはないという事です。よくネットで在籍確認なしで申し込めるカードローン一覧というような特集を組んでいるところがありますが、電話による在籍確認を絶対に避けるという方法は今のところ有りません。

なぜならあくまでカードローンというのは信用取引という信用で成り立った契約だからです。書類による確認だけで在籍確認としてくれる金融機関もあるのですが、それは信用情報に何の問題が無いときにそれで終わらせる場合があるというだけで、必要となった場合は勤務先に電話をすることもあり得ますし、本人が出なければ審査に通過できないという事もあり得ます。

それぞれの信用情報や状況等に合わせた対応となるということを前提に、一応は電話確認がないと言われているカードローン会社を紹介します。

モビットは唯一電話の確認連絡がないと公言しているカードローン

モビットの在籍確認なしのバナー三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている場合に限られますが、モビットはホームページ上で「電話の確認連絡がない」と公言しています。もちろん、直接確認が必要な箇所があった場合、不備があった場合、そして勤務先を電話で確認する必要があった場合など審査の内容によっては電話をかけられる可能性はありますが、一番、電話確認の可能性が少ないといって良いでしょう。

ただし、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない場合は、まずは口座の作成から始める必要があります。口座を作成できたらモビットの「WEB完結申込」を行う事で電話確認がないカードローン申し込みが可能です。

その他のカードローンは公言していない

プロミスアイフルアコム、ノーローンなど様々な消費者金融がありますが、電話確認がないということをホームページ上で公言しているのはモビットだけです(他のところで見つかれば更新してお知らせします)。

例えば、プロミスは、「電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください」とだけ記載されていますので、申し込み後に相談するようにしましょう。

絶対に電話確認をなくすという方法は今のところないので(モビットも絶対とは言えず、審査の状況次第で電話確認もあります)、電話確認はあると考えておいた方が対策は立てやすいです。例えば電話受付の人にクレジットカードの審査がある、銀行でローン(住宅ローン、自動車ローンなど)を組むからその在籍確認がある、などと伝えておいた方が職場の人に噂される心配も少なくて済むでしょう。

銀行のカードローンでも電話確認がなかったという報告例もある

電話確認は絶対にないとは言えないし、絶対にあるとは言えないという場合もあります。例えば、今現在、カードローンを利用しており、毎月しっかりと返したり、定期的に借りたりを繰り返している優良顧客の場合、電話確認がない可能性があります。

例えば当サイトにいただいた報告によると、イオン銀行や三菱東京UFJ銀行バンクイックのカードローンで電話による在籍確認がなかったという事が報告されています。あくまで噂レベルの話ですが、信用情報的に全く問題が見受けられないときは電話による電話確認がない場合もあるという事も頭に入れておきましょう。

電話確認のまとめ

基本的には必要な電話による勤務先の在籍確認ですが、今現在の職場の事情などをきちんと説明し、それがやむを得ない事情であれば、他の方法で在籍確認をとる場合もあります。しかし、電話による在籍確認をされたくないからといってやむを得ない事情をでっち上げても心証は良くならないばかりか、怪しいと思われてしまい、審査に落ちるなどの逆効果を生み出してしまう可能性があります。

あくまで今現在の職場の状況と、電話をしてほしくない希望を伝え、どう判断するかはカードローンを契約する金融機関に任せましょう。また、電話確認が絶対にないという裏技はないと考えておいた方が良いでしょう。