カードローンを契約だけするのはOK?メリット・デメリットや注意点

カードローンは契約だけして、実際には利用しなくても構いません。

契約だけしておけば、いざという時にすぐに使えますし、年会費などもかかりません。

ただし、他のローンへの影響や、紛失・盗難のリスクも考える必要があります。

今回は、カードローンの契約だけをする際のポイントや、契約だけする際におすすめのカードローンも紹介します。

■カードローンは契約だけで借り入れしなくてもOK

カードローンは、とりあえず契約だけしておいて、実際に借入額がなくても構いません。

住宅ローンや自動車ローンの場合、「契約=融資額が全額振り込まれる」という扱いになり、追加で借入をしたい際には、新たに借入審査を受けて別途契約する必要があります。

一方のカードローンは、借入限度額の範囲内であれば、いついくら借りても構いませんし、借りなくてもOKです。

1. カードローンは好きな時に限度額内まで借り入れが可能!

カードローンには「極度額」「限度額」があり、この範囲内であれば好きな時に借入が可能です。

●極度額と限度額の違いは?

ただし、カードローンの公式サイトや商品概要説明書を見てみると、「極度額」「限度額」が併記されていることもあり、どう違うのか分からない方もいるのではないでしょうか。

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を例に挙げると、契約者が利用可能な最大金額は「500万円」となっており、これが「極度額」です。

しかし、全ての契約者が500万円まで利用できるわけではなく、銀行側の審査によって、契約者ごとに個別の貸し付け限度額が設定され、これが「限度額」です。

契約者それぞれの利用限度額は、契約書に記載されているほか、カードローン会社の会員ページログイン後に限度枠を確認することもできます。

●カードローンで借りられるのはおよそ年収の3分の1以内が目安

ただし、カードローンで借りられるのは、最大でも年収のおよそ3分の1までです。

消費者金融会社や信販会社などの貸金業者については、貸金業法の中の「総量規制」で、限度額の上限が定められています。

参考:カードローンの総量規制と対象外となる借入方法をチェック!

 

また、貸金業法では、1社の借入限度額が50万円を超える場合、または他社も含めて借入限度額が100万円を超える場合、本人確認書類に加えて、収入証明書類も提出必要書類となります。

みずほ銀行や新生銀行などの金融機関は、総量規制の対象ではありませんので、年収の3分の1以上の貸付も問題ありません。

しかし、貸金業者で総量規制に引っかかって借入できない人が、銀行カードローンで高額融資を受け、債務超過に陥るケースが社会問題化しました。

そこで金融庁は、銀行カードローンに対する監視を強化しており、現在では銀行カードローンも、年収の3分の1以上の貸付をしない流れとなっているのです。

また、貸金業者と同様に、50万円を超える貸し付けについては、収入証明書類を求める動きも強まってきました。

参考:銀行カードローンの自主規制で審査や借入返済が変わる!?

■カードローンを契約だけするメリット

契約だけして実際に借入をしなくてもOKなカードローンですが、ここではそのことでどんなメリットがあるのかを説明しましょう。

1. いざという時にお金をすぐ借りられる

まずは、いざという時にすぐにお金を借り入れできる点です。

消費者金融では即日融資が可能なところもまだ多いですが、銀行カードローンは金融庁の監視もあるため、審査や融資に時間をかける傾向があります。

そのため、いざお金が入用になっても融資までに時間がかかってしまうこともあります。

 

それならば、平時の時間に余裕のある時にカードローンの契約だけしておけば、いざという時にすぐに使えます。

最近では、コンビニATMから借入可能なカードローンも増えてきていますので、深夜や早朝、土日祝日でも、限度額の範囲内であればすぐに借入可能です。

2. 借りなければお金を支払う必要がない

また、カードローンでお金を借りなければ、お金を支払う必要がないのも、契約だけしておいて損はないメリットです。

クレジットカードや保険商品の場合、契約だけして実際は利用していなくても、年会費や月額保険料が引落とされています。

一方のカードローンは、新規発行手数料、年会費、更新料、保証料などは一切必要なく、実際に借りるまで支払いは発生しません。

■カードローンを契約だけするデメリット

契約だけして実際に借入をしなくてもOKなカードローンですが、メリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。

ここでは、デメリットを紹介しましょう。

1. 融資枠が別のローン審査などに影響をおよぼす可能性がある

まずは、カードローンの限度額が、他のローン審査に影響を及ぼす可能性がある点です。

あまり知られていませんが、契約だけして実際に借入をしなくても、カードローンを持っているだけでその限度額が「借入をしている」とみなされてしまいます。

住宅ローンや自動車ローンなどのローン商品、融資をする銀行によって借入審査基準は異なりますが、影響を及ぼすのはどれも変わりありません。

ローン審査では、申込書に記載された個人情報の審査以外に、個人信用情報(個人のお金の借入や返済を記録した情報)の審査も実施します。

信用情報には異動情報(金融事故を起こした際に新規登録される情報)のほか、借入されていないが契約中のカードローン情報も記載されています。

カードローンの契約があると、借金をして住宅ローンの返済がままならないリスクが高まるため、審査落ちする可能性が高まるのです。

2. カード盗難紛失などのリスク

また、カード紛失・盗難の際のリスクが高まるのも、デメリットと言えます。

クレジットカードには盗難保険が付帯しているため、盗まれたカードを不正利用されても契約者に請求が来ないのが一般的です。

しかし、カードローンには盗難保険がありませんので、盗まれたローンカードで限度額いっぱいに借入された場合、契約者自身に支払い義務が生じる可能性もあります。

参考:カードローンが不正利用された!返済義務や対処法は?

■いつか利用する事を見越してカードローンの契約だけするときのポイント

カードローンを契約だけするときには、いくつか注意点があります。

ここではそのポイントを紹介します。

1. カードローンの契約だけなら、契約するのは1つだけ

まず、カードローンの契約をするならば、1社だけにしましょう。

複数社のカードローンを契約だけしておくと、それだけ貸付枠が多くなり借金リスクが高まってしまい、多重債務に陥る可能性が高まってしまいます。

また、複数のカードローンに同時に契約だけしようとしても、「多重申し込み」と判断されて、全て審査落ちとなる可能性が高いです。

2. 使っていないキャッシング枠付きのクレジットカードは解約する

また、キャッシング枠が付いているクレジットカードがある場合、そのクレジットカードを解約しておきましょう。

カードローンと同様に、クレジットカードのキャッシング枠も、他のローンに影響を及ぼします。

契約だけしている件数が多ければ、それだけ審査落ちの可能性が高まります。

クレジットカードのキャッシング金利は、カードローンの貸付金利よりも高金利ですので、カードローンを持っているならば特に必要ありません。

カードローン1つにまとめて解約するといいでしょう(もしくはキャッシング枠のみ0円にする)。

3. 新たにローン申込みをする時には注意する

そして、新たに住宅ローンを組もうとしている申込者は、特に注意をしてください。

契約だけしていても、住宅ローンの限度額を圧迫してしまう可能性があります。

住宅ローンを優先させるのであれば、使っていないカードローンを解約してから、住宅ローンに申し込むようにしましょう。

使っていないと、カードローンの契約をしたことすら忘れてしまいがちですので、忘れないでください。

参考:カードローンの利用は住宅ローンに影響する!?審査落ちの原因と対策

■契約だけのカードローンおすすめ3選

銀行系や消費者金融業者など、様々なカードローンがありますが、ここでは、契約だけするのにおススメなカードローンを3つ紹介します。

1. プロミス

金利は年4.5%~17.8%、貸付限度額は500万円です。

プロミスには「瞬フリ」という振込サービスがあります。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の銀行口座があれば、24時間365日、即時振込をしてくれますので、ほしい時にすぐに借入可能です。

また、プロミスの無利息期間サービスは「初回借入翌日から30日間」です。

他のカードローンでは「契約日翌日より30日間」というところが多く、プロミスならば、契約だけして実際に利用していなければ、無利息サービスの権利をずっと保有していられます。

参考:プロミスは良いカードローンなのかを徹底検証

2. 三井住友カードゴールドローン

実質年率は年3.5%~9.8%、借入枠は最高700万円です。

即日融資はできないものの、消費者金融や銀行カードローンをしのぐ金利が魅力的です。

カードを発行しない「カードレス」タイプでは、金利が年3.5%~9.2%、カードがないため紛失や盗難のリスクもありません。

インターネット、ケータイ、電話から借入できます。

参考:三井住友カードゴールドローンを徹底解説!

3. 楽天銀行カードローン

借入利率は年1.9%~14.5%、借入上限額は最高800万円です。

楽天会員ランクに応じて審査が優遇されますので、普段から楽天を利用していて会員ランクが上の人は、審査通過率が高まります。

ネット銀行ならではの金利で、楽天銀行口座がなくても利用可能な点は、いつも利用している口座で契約したい人にはありがたいですね。

楽天グループらしく、契約するだけで楽天スーパーポイントがもらえるのも、他のカードローンにはないメリットです。

参考:楽天銀行のカードローンのメリット、デメリットを徹底検証!

■まとめ

カードローンだけ契約していると、借金リスクが高まります。

借金癖がある人は、自らまたは親族の人が「貸付自粛制度」を申告することで、信用情報にその旨が記載されます。

これによって、借金癖のある人がカードローンの契約だけでもすることを防げます。

カードローンの契約だけしたいが、他のカードローンの借入残高のせいで契約できない場合もあります。

その時は、臨時返済や一括返済という返済方法を使って、最低支払い額以上の返済額を積極的に支払い、完済しましょう。

完済したら解約すれば、新たなカードローンの契約もスムーズに行くでしょう。