カードローンとは何?借りる前に知っておかなければならない事

カードローンというのは銀行や消費者金融の商品の一つで、キャッシングに非常によく似た性質の金融商品です。キャッシングが翌月一括返済なのにたいし、カードローンは基本的にリボルビング払いという少額ずつの返済方法である場合が多いです。しかし、キャッシングもリボルビング払いに変更できるなど、両者の境目は今はほとんど無くなっていると良いでしょう。

利用者が非常に増えつつあるカードローンとはなんなのか、基本的な知識、キャッシングとの違い、カードローン商品がある金融機関、消費者金融、またその審査、金利、返済方法などについてまとめていきたいと思います。

カードローンについての基礎知識

カードローンとは

ローンカードカードローンとは、何も担保(家などお金を返せなかったときにとられるもの)を設定することなく、事前の審査などであらかじめ決められた枠内で自由にお金を借りられるという個人向けの金融商品です。自動車ローンは車を購入する為のローン、住宅ローンは住宅を購入するためのローン、というような使い道は、カードローンには指定されておらず、生活費に充てたり、旅行代に充てたり、趣味娯楽費用に充てたりと自由に使えます。カードローンという商品は、大手のメガバンク、地方銀行、信用金庫、消費者金融、信販会社など、様々な金融機関が取り扱っています。

よくキャッシングとの違いについて疑問を持たれますが、両者にはほとんど違いはありません。強いて言えば、カードローンははじめから返済が毎月○○円ずつような分割払いになっているのに対し、キャッシングは一括払いで支払う事が多かったのですが、キャッシングも近年、分割払いをする事が出来るものが多くなっているので、キャッシング=カードローンと考えても差し支えありません。

カードローンという呼び名を使っている金融機関もあれば、ローン、キャッシング、カードなどそれぞれのイメージが悪い、良いなどの理由から、ローンサービス、ネットキャッシングなどの名称をつける金融機関もあります(キャッシングのイメージが悪いという金融機関もあれば、ローンのイメージが悪いという金融機関もあり、考えによって商品名が変わります)。

無担保、保証人不要の分、審査が厳しく、金利も高い

車のローンや、住宅ローンは、万が一本人が支払えなかったときの為に連帯保証人などを設定するケースがありますが、カードローンの場合、保証会社が保証してくれるので連帯保証人等は不要です。また、質屋や銀行の融資のように、時計、土地、家などを担保に入れてその担保の価値の分だけお金を借りるというものでもありません(三井住友信託銀行の「わが家の見方」のような住宅を担保にするタイプのカードローンも存在します)。

無担保、連帯保証人というのは借りる側からすると非常にハードルが低いのですが、そのハードルが低い分、審査(金融機関と保証会社の二つが審査を行います)は必ず職場に在籍確認がされ、借りる額によっては収入証明書等の提出が必要となります。

カードローンとその他のローンの金利比較
カードローン 車のローン 教育ローン 住宅ローン
年4.0%~年18.0% 年1.0%~年4.0% 年3.0%~年4.0% 年0.5%~年2.0%

また、お金を借りた際の金利も高く、だいたいが年4.0%~年18.0%ほどの金額です。車のローンが年1.0%~年4.0%、教育ローンが年3.0%~年4.0%、住宅ローンが年0.5%~年2.0%なので、カードローンの金利はとてつもなく高い事がおわかりいただけると思います。

限度額内で何度でも借りられる

カードローンは審査を受ける事で、限度額が決められたローン用のカードが発行されます。このカードを持っていれば、限度額内で好きなときに好きなだけ借りる事が出来ます。車のローンは借りた時の車だけにしか借りられませんし、住宅ローンは家を買ったその家に対して一度しか借りられません。もし、もう一台車がほしいから借りたい、という場合は再度審査や手続きを行う必要があるのです。カードローンがいかに簡単に借りられるかおわかりいただけると思います。

例えば限度額50万円のカードを持っていたとして、最初に2万円借りたとします。そこからまたお金が必要になったときは48万円まで借りる事が出来るのです。しかも支払いは毎月少額で済むので(後述)、金銭的につらいときなどに使う方は多いでしょう。

返済方法は残高スライドリボルビング方式による引き落としが主流

借り入れをする際はATMでお金を引き出す、お金を指定の口座に振り込んでもらうというのが主ですが、返済方法は基本的に口座引き落としです。その時の引き落とされる金額は一括ではなく、リボルビング払いである金融機関が多いです。リボルビング払いとは、毎月1,000円ずつとか、毎月5,000円ずつというように定額ずつ返していく方式です。この毎月支払っていく金額が借り入れている総額に応じて変わっていく返済方法が「残高スライドリボルビング方式」というもので、多くのカードローンはこの方式をとっています。

残高スライドリボルビング方式による支払い(例:新生銀行カードローン レイク年率18%)
残高 毎月の返済額
1~100,000円 3,000円
100,001~200,000円 5,000円
200,001~300,000円 7,000円
300,001~400,000円 9,000円
400,001~500,000円 12,000円

上記は、新生銀行カードローン レイクで年率18%で借りた場合の毎月の支払い金額です。

例えば15万円を借りた場合、借りた時は15万円の残高なので毎月5,000円ずつ支払い、10万円を切った段階で今度は毎月3,000円の支払いに自動で切り替わるというものです。毎月の支払金額が低いため、負担は非常に少ないですが、借金がなかなか減らず、金利を多く支払う事になってしまいます。

もう一つ例を挙げると、10万円を年率18%で借りて、毎月3,000円ずつ返す場合、返済金額合計は138,781円となり、4万円近く利息を支払う必要があるのです。少額で負担が小さい分、金利は高くなると考えておきましょう。万単位で借りて、千単位で返すというような事をやって、金利だけで膨大な額を支払っていたり、数十年返し続けている人もいますので、借りるときには必要な分だけ借りるようにしましょう。

カードローンはどういう使い道で使う?使い道や使う額など

カードローンを利用した人はどのような使い道の人が多いでしょうか。当然、カードローンよりも金利が低い車、教育、住宅の為に使うという事はあまりないでしょう(車の修理費や、学校の給食費、修学旅行費などちょっとした出費の時には使うケースもあります)。

カードローンで多い使い道は、遊び、趣味、飲み食事、などの交際費、生活費補填、借金返済、車修理・車検、旅行、入院・治療、学校・塾・予備校、冠婚葬祭、投資などのようです(ジャパンネット銀行の調査)。特に怖いのは、借金返済の為にカードローンを利用している方もいるという事で、雪だるま式に借金が増えてしまう可能性があるので、支払い能力以上の借り入れは極力避けるようにしましょう。

また、先の調査結果では10万円未満が60%、10~50万円が30%ということで、ほとんどの方が50万円も行かないぐらいの額を借りており、しかも年収1,000万円といった所得が多い方でさえお金を借りる傾向もあるようです。

多くの人がカードローンやキャッシングを利用している

何らかのローン、借り入れをしている人の割合
2012年 2014年
7.3% 6.6%

金業利用者に関する調査・研究(2012年)  / 貸金業利用者に関する調査・研究(2014年)より作成

ATMでカードローンを利用する人-300x200テレビCMやインターネット広告、街頭広告で非常によく目にするようになったカードローンは、2014年の金融庁が発表したデータによると、アンケートをとった20代~70代の男女のうちの6.6%がキャッシングやローンなどの借り入れを行っているという結果が出ています。ちなみに2012年に行ったアンケートでは7.3%の人が借り入れを行っているという事だったので若干減ってはいるのですが、それでも高い水準で多くの人が利用していると言えます。

今はサラ金などのイメージが非常に悪くなっているからか、安易に手を出す人が減ってはいるのですが、お金に困っている人が減っているわけではありません。それ故、多少、割合こそ減っていますが、借り入れをしている人の数は非常に多いと言えます。仮の数字ですが、2016年の今年の「何らかのローン、借り入れをしている人の割合」を少なくとも6%として、日本の人口が1億2000万だったとすると(総務省の発表では厳密には1億2682万人(2016年1月1日時点))、1億2000万×6%で720万なので、ざっとした計算ですが720万人もの人がお金に困って借り入れを行っていると言えます。

カードローンはどこが行っているサービス?

様々な金融機関がカードローンという商品を扱っているとお伝えしましたが、具体的にはどのような金融機関が発行しているのかを具体的に書いていきたいと思います。カードローンを発行している金融機関は大きく分類すると、銀行系、ノンバンク系の二つに分けられます。

銀行(都市銀行、地方銀行、信用金庫、信託銀行など)

銀行のカードローン今はほとんどの銀行がカードローンという商品を扱っています。

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行といった三大メガバンク、準メガバンクはもちろん、新生銀行、横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、千葉銀行、静岡銀行、八十二銀行、常陽銀行、北陸銀行、北海道銀行、山口銀行、もみじ銀行、北洋銀行、スルガ銀行、群馬銀行、広島銀行、七十七銀行、 西日本シティ銀行など、実際に店舗がある銀行から、ネット銀行であるジャパンネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、セブン銀行、イオン銀行など、日本に100以上ある銀行のほとんどがカードローン、もしくは同様の商品を持っています。

ちなみに最も店舗数が多いゆうちょ銀行もカードローン商品を販売しています(実際はスルガ銀行のカードローンの代行業という位置づけですが)。

また、信用金庫、信託銀行など、銀行の機能を持つ機関のほとんどがカードローンを取り扱っていると考えて良いでしょう。

ノンバンク(クレジットカード会社、消費者金融、信販会社など)

ノンバンクのカードローンノンバンクという言葉を聞いた事がある方もいらっしゃると思いますが、どのような機関の事を指すのでしょうか。

わかりやすく言うと、銀行はお客に預金をしてもらって、そこから会社や個人に貸して利益を出す機関なのに対して、ノンバンクは預金をしてもらわずにお金を貸す会社の事です。預金されていないのにどこからお金を得ているのかと言えば、銀行から融資を受けていたり、投資家からの出資(会社の借金なので社債という)などでお金を用意しています。

カードローンを取り扱っているクレジットカード会社・信販会社には、セディナ、ライフカード、ジャックス、オリエントコーポレーション(オリコ)、クレディセゾン、出光カードなどがあり、消費者金融はモビット、武富士(今のTFK)、アイフル、プロミス(今のSMBCコンシューマーファイナンス)、ノーローンなどがあります。

アコム、プロミス、アイフルなどは専業消費者金融ですが、モビット、ノーローンに関しては、銀行が貸金業に参入する為に作られた会社で、少しややこしいです(銀行がなぜ消費者金融をするのかといえば、ずばり儲かるからです。銀行が貸したときの金利よりも消費者金融が貸したときの金利の方が高いのです)。

 クレジットカード会社 消費者金融
銀行系 それ以外 専業系 銀行系
三菱UFJニコス
三井住友カード
UCカード
ジャックス
オリコ
セディナ
アプラス
クレディセゾン
出光クレジット
アイフル プロミス
アコム(三菱東京UFJ)
モビット(三井住友銀行グループ)
ノーローン(新生銀行グループ)

銀行が消費者金融業界に入っていたり、消費者金融であるアコムがクレジットカードを発行していたり、三菱UFJグループのクレジットカード会社があるのに三菱東京UFJ銀行もクレジットカードを発行していたりなど、金融の業界は一つの表で表せるほど簡単ではないですが、カードローンの仕組み的には上記のようになります(細かい部分は省略しています)。

銀行とノンバンクは守るべき法律が違う

銀行は銀行法、ノンバンクは貸金業法銀行は銀行法という法律で定められた免許制なのに対し、ノンバンクは貸金業法という法律で定められた登録制となっています。銀行とノンバンクはどちらもカードローンという金融商品を取り扱っていますが、遵守するべき法律が違うのです。法律の違いにより両者のカードローンで最も大きな違いとなるのが「総量規制」という決まり事です。

総量規制というのは、お金に困った人が借金を返すためにまた他のところから借金をするなど、雪だるま式に借金が増えていくのを防いだり、返済能力以上のお金を借りてしまう事で返済出来ない人が増える事を防いだりする目的で作られたもので、具体的には「年収の3分の1を超える金額を借り入れすることは出来ない」というものです。例えば、年収が300万円のサラリーマンの方は貸金業者全て合わせて100万円を超える借り入れを行う事が出来ません。

総量規制は貸金業法で定められた決まりの一つなので、貸金業法が定める範囲で営業を行っているノンバンクが守らなければならない法律ですが、銀行は貸金業法が定める貸金業者ではないので、この総量規制は銀行には適用されません。つまり、銀行が発行したカードローンであれば、年収の3分の1を超える借り入れも可能なのです。ただ、お金を借りるという事には変わらないので、借金が返せなくなるというような事がないよう、借りすぎには十分注意しましょう。

銀行とノンバンクのカードローンの具体的な違いは?

借りる銀行やノンバンク機関によってばらつきがありますが、銀行が発行するカードローンと、ノンバンクが発行するカードローンではどのような違いがあるでしょうか。一番大きな違いは上記の「総量規制の対象かそうでないか」という事ですが、その他の事について、具体的にまとめています。

金利はノンバンクの方が高い

借りたお金が返すときにいくらになるのか、というのは借りた金額にもよりますが、借りたところの金利がいくらなのかに一番左右されます。同じ100万円を借りたとしても、年率が低いところで借りれば安く返せますし、高いところで借りてしまうと多めに返す必要があります。

カードローンの金利は基本的に年率で表され、○%~○%のように幅を持たせて掲載される事が多いです。基本的には借りた額が大きいほど金利は安くなりますし、少なければ金利は高くなる傾向があります。例えば、年4%~年18%のカードローンがあったとして、限度額が50万円~500万だった場合、最も低い限度額の50万円の場合は年18%となり、最も高い限度額の500万円だった場合は年4%となるという事です。金利の設定が低いだけで、実際に支払う金額が安いわけではない事に注意しましょう。

銀行とノンバンクのうち、いくつかの機関の金利についてまとめると以下のようになります。

銀行のカードローンの金利
銀行名 金利
三菱東京UFJ銀行(バンクイック) 年4.6%~年14.6%
三井住友銀行 年4.0%~年14.5%
みずほ銀行(コンフォートプラン) 年4.0%~年14.0%
りそな銀行(プレミアムカードローン) 年3.5%~年12.475%
新生銀行カードローン レイク 年4.5%~年18%
主なノンバンクのカードローンの金利
 ノンバンク名 金利
アコム 年4.7%~年18.0%
モビット 年3.0%~年18.0%
アイフル(キャッシングローン) 年4.5%~年18.0%
オリコ(CREST) 年4.5%~年18.0%
ジャックス(プレミアビアージュ) 年4.5%~年18.0%

見ていただくと分かるように、銀行のカードローンは金利上限が14%前後なのに対し、ノンバンクは金利上限が18%と非常に高い水準になっています。10万円を借りて、一年間で返したとすると、年14%の場合は107,739円、18%の場合は110,011円でその差は2,272円も出てきてしまいます。

1年でも差は分かりますが、これがもし5年などの長期的に借りたとなるとさらに差は広がります。50万円を借りて5年で返したとすると、年14%であれば返済総額698,001円、年18%であれば761,781円と63,780円も差が出てきます。

カードローンの金利 年14% 年18% 差額
10万円を借りて1年で返した場合 107,739円 110,011円 2,272円
50万円を借りて5年で返した場合 698,001円 761,781円 63,780円

利用限度額

カードローンはいくらでも借りられるというわけではなく、必ず利用限度額が全てのカードで設定されています。ご利用限度額は利用期間によって呼び方が異なり、契約極度額、最大限度額、ご利用可能枠、最大融資額、最高融資限度額、キャッシング枠などと呼ばれますが、要はいくらまで借りられるか、という意味となります。

そのカードローンの最高利用限度額が500万で500万円を希望したとしても、審査の内容によって10万、50万、100万、300万などと決められます。どれくらいの金額まで希望を出す事が出来るのかというのが各機関の最高限度額となります。以下に各機関の利用限度額をまとめています。

銀行のカードローンの利用限度額
銀行名 利用限度額
三菱東京UFJ銀行(バンクイック)  500万まで
三井住友銀行 800万まで
みずほ銀行(コンフォートプラン) 1,000万まで
りそな銀行(プレミアムカードローン) 800万まで
新生銀行カードローン レイク 500万まで
主なノンバンクのカードローンの利用限度額
 ノンバンク名 利用限度額
アコム 500万まで
モビット 800万まで
アイフル(キャッシングローン) 500万まで
オリコ(CREST) 500万まで
ジャックス(プレミアビアージュ) 500万まで

こちらも金利と同様、見ればわかりやすいのですが、ノンバンクは500万円を上限とするところが多いのに対し、銀行のカードローンは800万以上が多いです。銀行の方が多く借りられる可能性があるということですね。ただ、もしノンバンクのカードローンで1,000万円の利用限度額の会社があったとしても、貸金業法の総量規制が関わってくるので、年収3,000万を超える人でないとその利用枠を申し込む事が出来ないので需要は低いように思います。

余談ですが、国税庁の発表によると、平成26年の日本人の平均年収は415万円で、年収2,500万を超える人は全体の0.2%の98,000人しかいません。つまり、ノンバンクのカードローンは最高限度額がいくら高くても借りられる人はほとんどおらず、平均年収から考えるとノンバンクのカードローンの限度額は150万~200万ほどあれば十分で、それ以上は借りる人はほとんどおらず、人目を引くために「○○○万まで借りられます!」といううたい文句になってしまっているかもしれません。

返済方法

銀行のカードローンの返済方法
銀行名 返済方法
三菱東京UFJ銀行(バンクイック) UFJ銀行口座自動引き落とし、ATM、ネット振り込み
三井住友銀行 三井住友銀行口座自動引き落とし、ATM、ネット振り込み
みずほ銀行(コンフォートプラン) みずほ銀行口座自動引き落とし、ATM、ネット振り込み
りそな銀行(プレミアムカードローン) りそな銀行口座自動引き落とし、ATM、ネット振り込み
新生銀行カードローン レイク 指定口座自動引き落とし、ATM、振り込み 、ネット振り込み

返済方法はお金の受け渡しという事からそこまで種類は豊富ではなく(防犯等の観点から郵送で返すなどの事は出来ないので)、どの機関でカードローン3パターンほどしかありません。ただ、一定の傾向があります。

銀行のカードローンは自行(じこう。あまり使いませんが、自社のような使い方。)の銀行口座からの引き落としか、自行ATM、提携コンビニATMからの入金、オンラインバンキングによる振り込みと、基本的に自社のサービスで返させる場合が多いです。例えば、三菱東京UFJ銀行のカードローンの場合、UFJの銀行口座からの自動引き落とし、UFJのATMでの入金、UFJのオンラインバンキング「三菱東京UFJダイレクト」の電子振り込みで返済を行います。

銀行のカードローンは、他行の口座を持っていてもそこを指定する事は出来ませんし、他行のATMから入金する事も出来ません(一部提携ATMを除く)。

主なノンバンクのカードローンの返済方法
 ノンバンク名 返済方法
アコム ATM、店頭窓口、ネット振り込み
モビット UFJ、三井住友銀行口座自動引き落とし、ATM、ネット振り込み
アイフル(キャッシングローン) 指定銀行口座自動引き落とし、ATM、店頭、ネット振り込み
オリコ(CREST) 指定銀行口座自動引き落とし
ジャックス(プレミアビアージュ) 指定銀行口座自動引き落とし、ATM

それに対して、ノンバンクのカードローンは、銀行のように統一性はなく、それぞれが自由に設定をしています。また、UFJ銀行がUFJの口座からしか自動引き落とし出来ないのに対し、ノンバンクの場合は、自由に銀行を選べます(一部、モビットが三菱東京UFJか三井住友しか選べないなどの例外もあります)。

アコム店舗つまり、カードローンを利用したい銀行の口座を持っていればその銀行のカードローンにするのが最も融通が利きやすい(返済しやすい)ですし、特定の銀行を用意したくない、などの場合はノンバンクのカードローンの方が都合が良いでしょう。また、アコム、アイフルなどの全国的に店舗数が多い金融機関では提携銀行、提携コンビニATMの他に、店頭で返す事も可能です。

カードローンは借りた日数分だけ金利がかかってしまうので、返す手段は大いに超した事はありません。自宅、勤務先に店舗があるかどうかを確認したり、ネットバンキングを契約したりして、返しやすい工夫をしておきましょう。

融資のスピード

銀行のカードローンの融資のスピード
銀行名 融資のスピード
三菱東京UFJ銀行(バンクイック) 最短即日(最短40分でカード発行)
みずほ銀行(コンフォートプラン) 最短即日
りそな銀行(プレミアムカードローン) 最短10日 ほど
新生銀行カードローン レイク 最短即日(※)(最短40分でカード発行)

※お振込みの場合、平日14時までのお申込みと必要書類の確認の完了が必要です。

主なノンバンクのカードローンの融資のスピード
 ノンバンク名 融資のスピード
アコム 最短即日(最短30分でカード発行)
モビット 最短即日※
アイフル(キャッシングローン) 最短即日(最短30分でカード発行)
オリコ(CREST) 最短 5営業日ほど
ジャックス(プレミアビアージュ) 最短即日(午前中に完了で最短当日振り込み)

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

お金を貸す事が一番大事なだけあって、融資のスピードは非常に早いところが多いです。。

ただ、注意したいのは、「審査OK=融資ではない」という事です。例えば、りそな銀行は当日すぐに審査の返事が来ますが、そこで仮にOKだったとしても(融資を受けられるようになったとしても)、その後に書類の返送等の手続きが有り、結果として借りられるのは10日ほど後になってしまいます。

カードローンは時間に余裕を持って、あらかじめ作って持っておくということであれば、どの金融機関で作成しても大差ありません。しかし、すぐに融資を受けたい、という事であれば、アコム、モビット、バンクイック、三井住友など、初回の融資までの時間が短い金融機関を選ぶと良いでしょう。